ターフ・ヴィール・ユミリア

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
ターフ・ヴィール・ユミリア
tarf virl jumili'a
Tarf virl jumili'a
ターフ・ヴィール・ユミリア
肖像写真
(撮影時不明)
生年月日 1769年6月16日
出生地 デーノ共和国 タルフザール
没年月日 ?
死没地 ?
出身校 ユエスレオネ中央大学
所属政党
称号 革命の妹(xola'd viojunsarkh[1]
配偶者 なし
親族

ユエスレオネ
二代目 最高指導者/首相
内閣 ユミリア内閣
在任期間 2005年8月12日[2] - 2018年?月?日[2]

ユエスレオネ
初代 副首相
内閣 イェスカ内閣
在任期間 2003年12月10日 - 2005年8月12日

ユエスレオネ社会党 党首
在任期間 2005年8月12日 - 2018年?月?日

ユエスレオネの国会議員
当選回数 1回
在任期間 2003年12月10日 - 2018年?月?日

ターフ・ヴィール・ユミリア(理:tarf virl jumili'a)は、ユエスレオネの政治家。

概要

姉のイェスカと同じく1769年6月16日にタルフザールで生まれ、ユエスレオネ人民解放戦線では革命軍の内将(事実上のNo.2)であった[3]。phil.2005年には首相に就任し政治に辣腕を振るったが2018年にスキャンダルが発覚したとして内閣総辞職に追い込まれ、さらには政権に不満を持つ軍人らと結託して2020年にクーデターを試みるが失敗、投獄される。

政治

イェスカ政治からの転換

ショレゼスコの結果として起こった経済危機に対し、軍や社会保障政策を切り捨てずにユエスレオネの経済を復活へと導くことによって「革命の妹」として市民から強い信頼を勝ち取ることに成功した[4][5]

また、それまでイェスカに対する個人信仰が強かった民衆に対してリアリズムな世界観を与えることでイェスカによるショレゼスコの遺志を継いだが[6]、自由化を進めた結果、一部の企業はブラック企業化したり、デュインに対してリパライン語化の圧力をかけるなどしていた[7][8]。 男女トイレ統一を停止したり[9]、連邦と他の国家との関係が増えたため外国国民信託学校やフェグラダ系学校の推進を行ったり[10]、民主化憲法改定案を可決させたりするなど、イェスカ時代の矛盾した政治状況の改善に努めた[11]

紛争への介入

phil.2012年から始まった南サニス連合王国ヒェフュル部族連合による四年戦争に対しては開戦直後から強い不快感[12]を抱いていたものの、デュイン・アレス独立戦争直後で体制が不安定だったことやリナエスト内戦などが戦闘中だったこと、第二回連邦統一総選挙を二年後に控えていたことなどに鑑みて紛争介入を留めた[12][13]。選挙を終えて、難民が目立つようになるとユミリアは介入を決意し、南サニスで暴走していた従兄弟に当たるターフ・ヴィール・タリェナフをファルトクノアへ拉致し、南サニスでは死亡したと見せかける秘匿作戦「19号作戦」を発令し、その傍らターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユを全権大使として派遣することで両者の調停に乗り切った[14]。この調停による多国籍平和維持監視旅団が成功した経験から、ユミリアは軍の支持を取り付けるために、2016年にはファルトクノア共和国に対してシャグマ=ラゴン戦争への参戦許可をはじめとして外国の戦争に介入するようになっていった[15]

失脚

2018年、社会党内部の権力闘争のために同党のアレス・デュイネル・エレン(ales dyinel elen)によって収賄・情報漏洩をリークされ、内閣総辞職の原因となった[16]。陰謀を察知したユミリアはクーデターを計画、2020年における第三次政変後に首相になったウォルツァスカイユによって行われた軍部の綱紀粛正によって排除された軍人たちやユミリア支持者の先導者として蜂起(ユミリア・クーデター)するも一ヶ月で鎮圧され、クーデターの主犯格として逮捕された。投獄後もターフ・ヴィール・エレーナなどと関係を持ち、エレンの排除を後押しするなど政治的影響力は衰えていないとされる[1]

人物

イェスカの暗殺後に社会党の党首となったイェスカの実の妹。ショレゼスコ直後の混乱の時期をその手腕で乗り切ると共にユエスレオネ首相としても強いカリスマ性を発揮した。リパラオネ系ではあるがおにぎり(monataku)が好きだったりする。人民の姉というイェスカのあだ名から、人民の妹と呼ばれることも多い。慢性的な目の病気の影響で左眼視力が低く、瞳の色も赤く変色しているためオッドアイである。
異世界転生したけど日本語が通じなかった」にも登場しており、#199から#256までの間に言及されている[1]。作曲することが趣味であり、イェスカ万歳の作曲を行ったのもユミリアであった[17]

脚注