デュイン・アレス独立戦争

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

デュイン・アレス独立戦争とは、xelken.alesの蜂起をきっかけとした、デュイン政府の勢力と連邦軍を含めたサニス条約機構軍との間の対立である。この戦争はphil.2011年3月3日に連邦側の勝利で終わった。

経緯

phil.2010年1月1日にデュイン・クランタル区庁が占領されたことを皮切りにデュイン地域の全体でxelken.alesは蜂起を開始した。これは後に賛同したデュイン政府の勢力と連邦軍を含めたサニス条約機構軍の対立に発展し、デュイン・アレス独立戦争が始まった。[1]

北デイシェス海戦

xelken.alesWPミサイル巡洋艦でデイシェスやパニアルの海に展開し[2]、連邦に進撃した。[3]

呼称

ユエスレオネ連邦ではDAPE(dyin-ales poltdzarl elm)と呼ばれるが、ハタ王国では「サニスの乱」(有:Sanisasemdis)と呼ばれる。

出典