ユエスレオネ人民解放戦線

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ユエスレオネ人民解放戦線(理:merfedi'a fon lartass afnarvo yuesleone[1]またはyuesleone'd lartassa'd nyrtaten vletwal[2])とは、ユエスレオネの政治組織の一つである。ユエスレオネ共産党の前身であり、共和制ユエスレオネ時代に存在した複数の反政府組織のうちの一つである。

概要

ピリフィアー暦2000年にユエスレオネにおける共和制政府による横暴と搾取に対抗する階級闘争を目的に設立された。ユエスレオネ革命の立役者であるターフ・ヴィール・イェスカとその妹であるターフ・ヴィール・ユミリアが設立者であり、革新チャショーテのターフ・フューザフィスなどが初期メンバーとして加わった。2001年、 FQXEによって社会主義や共産主義に対する規制が強まり、言論活動中の人民解放戦線メンバーが逮捕される事件が発生したために、残存メンバーはその他の左派系反政府組織と共にユエスレオネ共産党を設立し、政治組織としては消滅した[3][4]。ユエスレオネ革命まではその配下にあった武装組織自体は残存していたようだが、ユエスレオネ連邦の成立と共に武装解除によってこれも解体され、名実ともに人民解放戦線は解散している[5]
後身として『連邦人民戦線』が存在しており、青年部の指導者としてはレシェール・アルヴェイユが居る[6]

思想

特徴として当初から左派的反政府組織としては珍しく武力闘争路線を抑えており、言葉による説得で無血革命を目指す説得主義を採用していた。このため武力革命路線を採っていたクワク共産主義系反政府勢力とは対立していた。
また、ユエスレオネ人民解放戦線は共和制を維持していたイデオロギーである「超国家主義」を反動保守と見なしていた[7]

脚注