ターフ・ヴィール・イェスカ

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ターフ・ヴィール・イェスカ(理:tarf virl jeska)は、ユエスレオネの革命家・政治家・思想家・哲学者。ユエスレオネにおける革命勢力を纏め上げ、ユエスレオネ共産党として各シェユ政府打倒のユエスレオネ内戦において主導的な立場に立ち社会主義ユエスレオネにおける重要な立場を持った[1]ケートニアー

ターフ・ヴィール・イェスカ
tarf virl jeska
Tarf virl jeska
ターフ・ヴィール・イェスカ
肖像写真
(撮影時不明)
生年月日 1769年6月16日
出生地 デーノ共和国 タルフザール
没年月日 2004年6月16日(満235歳没)
死没地 ユエスレオネ 北フェーユリーネ・ヴェ・キーネ
出身校 ユエスレオネ中央大学
所属政党
称号 革命の姉(xola'd carxa[2]
配偶者 なし
親族
サイン jeska signature1.png

ユエスレオネ
初代 最高指導者/首相
内閣 イェスカ内閣
在任期間 2003年12月10日 - 2004年6月16日

ユエスレオネ共産党 党首
在任期間 2002年3月21日 - 2004年6月16日

ユエスレオネの国会議員
当選回数 1回
在任期間 2003年12月10日 - 2004年6月16日

概要

phil.1769年にレアディオブルミッフェル戦争最中のデーノ共和国に生まれ育つ。疎開地のラネーメ国で1780年(11歳)にしてラメストテロの被害を目の当たりにし、xelkenに強い憎悪を抱くようになる。19歳でヴェフィス国立研究院大学に入学する。1992年(223歳)で第二次ホメーンアッシオ戦争で祖国の敗戦を知り、祖国の解放のためにリパナスに傾倒するようになるがリパナス内部での差別主義や階級主義に当てられてリパナス活動からは直ぐに手を引くようになる。後に友人から革新チャショーテへの参加を要望され、チャショーテへ参加し、精力的に革新派の思想書を読み耽るようになる。2000年、ユエスレオネにおける政府再編における地上政府の横暴と搾取、階級闘争を目的に同じく革新チャショーテのターフ・フューザフィスや妹のターフ・ヴィール・ユミリアと共にユエスレオネ人民解放戦線を設立し、武力闘争路線を抑えながら、言葉による説得で無血革命を行なおうとする方針を固持する(説得主義)、2001年、FQXEによって社会主義や共産主義に対する規制が強まり、言論活動中の人民解放戦線メンバーが逮捕される事件が発生する。2002年、自ら残りのメンバーを纏め上げ、ユエスレオネ共産党を設立。宣伝局長アレス・デュイネル・エレンを立てて武力闘争を煽動した。フェーユ・シェユの降伏後もクワク・シェユアル・シェユの両面戦争と同時にデュイン戦争を指揮しながら、混乱に乗じて共産党内の権力掌握を進めた。2003年、ユエスレオネ社会主義連邦の成立と共に自らが首相となり、強行的に国政と社会改革を進めたが2004年にショレゼスコの経済失敗を理由に支持率を激減させ、革命の姉誕生パレードにてxelken.valtoalの構成員に射殺された[1]

脚注


出典

外部リンク

この記事は書きかけです。