アレス・デュイネル・エレン

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
mark chuui.pngこのページは設定が直接記入されています
悠里包括wikiのページは参考文献や出典を明示し、創作設定記述から引用・集積されたものにしてください。(2020年06月)
ユエスレオネ連邦の政治家
アレス・デュイネル・エレン
Ales dyinel elen
A D elen.png
生年月日 1970年11月2日
出生地 リパラオネ共和国 アルザッツァ
出身校 ヴェフィス国立研究院大学
所属政党 ユエスレオネ人民解放戦線
ユエスレオネ共産党
ユエスレオネ社会党
称号 哲学(修士)
配偶者 ????
ユエスレオネ連邦
第2代目副首相
内閣 ユミリア内閣
在任期間 2005年8月12日 - 2018年?月?日

アレス・デュイネル・エレン(理:Ales dyinel elen)はユエスレオネ連邦の政治家、革命家、運動家。2005年から2018年までユエスレオネ連邦副首相を務める。

略歴

生い立ち

父系はアイル系であり、独立国家戦争時代にラネーメ国の油猫(odui nelua2)が戦乱のうちでリパラオネ共和国に定住したことに由来する。油猫の子供であるフォイヤ(hwoija)はバローティエ財閥の下働きとして働いているうちにアレス家のフェユラファ(feylafa)と出会う。この二人が結婚したことにより、フォイヤがアレス・デュイネル姓を申請することになる。これが認可されたことがアレス・デュイネル姓の始まりでありこのデュイネルはデュイン(dyin = dytysn icco'd nertnir)とは全く関係がない。 エレンはピリフィアー暦1970年11月2日にリパラオネ共和国のアルザッツァに産まれる。幼少期は理知的で活動的な子供であったとされる。スキュリオーティエ叙事詩のユフィア章を良く読んでおり、子供同士の喧嘩に介入して喧嘩両成敗にするなど不和を産む者に対して強い憎悪を抱くようになっていた。 時は20世紀後半、エレンは戦争という不和を遂行する大人達に対しても強い疑念を抱くようになってゆく。1780年(10歳)にラネーメ国でのラメストテロの被害を新聞で知り、Xelkenや民族主義者に対する強い憎悪を抱くようになる。1785年(15歳)のころから教法学や政治哲学、社会哲学に傾倒するようになり、この若さながら「独立教法哲学者連盟」に招聘される。学校での勉学と同時に“連盟”では当時最新の理論であったフィシャ・ステデラフの「教法学的革命権」に関する研究を率先して行った。このため、基礎中学校から上級中学校まで交友関係も色恋沙汰も無かったという。

学生時代

1989年(19歳)でヴェフィス国立研究院大学に入学、同じ学科の教授であるターフ・ヴィール・イェスカと意気投合して親密な関係となる。1992年(23歳)頃からイェスカは暫くリパナスに傾倒することになったが、差別や階級観念にまみれたリパナスから引き離そうとエレンはイェスカを説得し続けた。後にエレンはイェスカを革新チャショーテに引き入れると共に革新派の思想書を読み、議論に明け暮れるようになった。1995年(25歳)の時にターフ・ヴィール・イェスカの最初の著書『統一と解消』(法学のアレス学派と古典学派の分裂を統一することによって教法学的統一の思想の断絶を解消し、主体的統一(ixfanto cilylista)を目指す書)が出版されるとこれを大いに称賛してイェスカの右腕としてこれから思想的に補助すると彼女に誓う。

人民解放戦線・ユエスレオネ共産党

2000年(31歳)、エルフ熱騒動によってユエスレオネに居を改める。同時に政府派の横暴に反対して、ターフ・ヴィール・イェスカを中心にその妹であるユミリア、革新チャショーテのターフ・フューザフィスなどが結成したユエスレオネ人民解放戦線に加盟する。この時期からイェスカの説得主義に対して疑念を抱き始めており、お互いに議論を進めて武力革命を起こすことを同意した。ユエスレオネ共産党が成立するとエレンはイェスカの右腕として宣伝局長に就任し、党内の武力闘争派に一定の影響力を持つことになる。以降、イェスカの政策の実現のために第一次社会主義ユエスレオネ時代ではユエスレオネ中を走り回ることになる。

ショレゼスコ以後

2004年(34歳)に党が主導してショレゼスコが行われ、民主化が進められるとエレンはこれに反発した。しかしながら、この反発に答える間もなくイェスカは暗殺されてしまう。ユミリア政権への交代が起こるとエレンの政治的立場は更に危うくなっていく。ユミリアのタカ派の排除に巻き込まれたエレンは宣伝局長の座を別の党内勢力に奪われることになる。転落したエレンは副首相としてユミリアの懐柔工作を受けるも実質的に力のない立場に苦悩することになる。また、ユミリアは更に党内の強硬派を排除していったため、エレンはイェスカのために尽くしてきた人々がこのような仕打ちを受けることに疑念を抱くようになる。最終的にはユミリアの排除と社会党の権力掌握を決意するようになった。 2018年(48歳)、ラネーメ民族党のアレス・ユンカーと結託してユンカーの鐘を引き起こし、ユミリアを不信任で引きずり下ろして牢獄に送ると新イェスカ主義勢力を排除し、ファルトクノア共和国に送るなど強行的な地盤形成を進めた。この中には昔からのイェスカの側近であったラヴィル・ド・エスタイティエ・ラタイハイトやメイア・ド・ノーヴデリエ・メノーブなどが含まれていた。また、党首を傀儡であるターフ・ヴィール・エレーナにする工作を行い、党内権力を掌握することに成功した。 しかしながら、このような横暴な権力闘争に離反した者や排除された社会党員が結託してユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派が結党されることになり、2020年選挙では惨敗。一方、投獄されたユミリアは陰謀による連邦権力の掌握を目指すエレン抹殺を目論んでクーデターを引き起こして、当時の首相ターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユに鎮圧された。しかし、ユミリアはエレーナにエレンを党内から排除するように進言し、それに従ってエレーナは実権の掌握を開始することになる。 2025年(55歳)、詰将棋式に権力を失ったエレンは最終的にエレーナによってファルトクノア行きを告げられ、連邦本土政治の場からは暫く姿を失うことになる。

思想

武力革命論

エレンの武力革命論の核心には彼がイェスカの腹心でありながらもその思想に常に疑念をいだき続けていたことが影響している。ファールリューディア宣言や革命後の政権運営で革新チャショーテの性格を強調したところに彼の思想の根底が見られる。それはイェスカ主義の非宗教化であり、「人間を幸せにしない思想はいずれ革命を自然発生的に起こすだろう」とするイェスカの運命論的な思想に異議を唱えるものであった。彼はイェスカの社会哲学的なアイデアには賛同していたが、「革命」はよりステデラフ的な積極的なものであると考え、その局地を武力革命であると考えた。これがユエスレオネ革命へと繋がって、イェスカ哲学と政治的なイェスカの剥離を起こしていくのであった。

脚注