デュイン

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

デュイン(: dyin)とは、アレークウィ世界にある地域の名称で、ユエスレオネ連邦phil.2003年に獲得した新領土である[1][2]

名称

デュイン(dyin)という名称はリパライン語で新領土を意味するdytysn icco'd nertnirの頭字語に由来する[3]

歴史

Xelkenの侵略と支配

xelken.valtoalは独自の軍事力とウェールフープ学の進歩をもとにファイクレオネの外部に出てデュインに到達した。phil.805年に現地国家のヴィッセンスタンツ王国に対し一方的に「古理語服従・徹底抗戦・王政破壊」の『アルマト三条項』を提示、これに王国は激怒しXelkenに宣戦を布告するも敗北、征服されてphil.807年にはシェルケン政権が成立する[4]。しかしデュインの政治的・軍事的勢力を掌握したシェルケン政権は深刻な人手不足に悩まされ、フォルシンソ計画と呼ばれる都市計画を実行。ネートニアーをファイクレオネなどから拉致して収容所で古理語やリパラオネ教の再教化を行い、収容所生活の後に最小自治単位フィオン(fhion)に民族や母語が被らないように配置することで古リパライン語のみでしか意思疎通を行えなくしたのである[5]

xelken.valtoalは現地の先住民であるヴィッセンスタンツ人やリスターメ人、ファーシュヴァ―ク人などの一部を支配したが、多くの先住民は、北洋を超えてラファンカ、リスターメ、サラス、パニアル、クランタルなどの諸島に逃げた。近海の航海術を知らなかったシェルケンたちは海を渡ることができなかったため北方に逃げた先住民は逃げ切ることができたが、島嶼部に住んでいた別の先住民たちとの衝突などにより定着にさらなる困難がある場合もあった[6]。 phil.809年にはヴィッセンスタンツ人であるコンダーファフィス・ファーヴィヤが苛烈な都市計画に不満を持った同じフィオンの人間と共に反乱を起こしたが失敗に終わっている[7]

ユーゲ人の流入

phil.1620年以降、xelken.valtoalがウェールフープによる武器などを提供する代わりに、反王国勢力であるハフリスンターリブはスカルムレイ(女王)体制を容認するハタ王国人をXelkenに引き渡すという、後にハタ王国民拉致問題として知られることになる状況が発生するようになった。

xelken.valtoalが拉致したユーゲ人はシェルケン・デュイン政権の仕組みに従って分散してフィオンに組み込まれたが、ユーゲ人の人数があまりにも多かったためにフィオンにはユーゲ人コミュニティが発生した。このコミュニティの発生に強い危機感を持った施政者たちはユーゲ人に対する厳しい同化政策を進め、少しでも反対するようなものには容赦なくウェールフープを用いた再教育や拷問、洗脳などの非人道的な手段を施した。ユーゲ人の名前は利用が許されず、代わりにリパライン語の名前を本来ADLPから下賜されるものであるはずのアロアイェーレームとして(つまり絶対的名前として)与えられ使用を命じられた。ユーゴック語はもちろんどこにおいても使うことが出来ず、トイター教の礼拝集会は禁止及び解散され、拉致被害者の間に生まれた子供は古リパライン語で教育された[6]

デュイン戦争

phil.2002年11月に連邦軍諜報部がxelken.valtoalの情報を受け、デュインに向けて調査員を送るが帰還しなかった。これを殺害されたものと見たイェスカ共産党政権はデュインのシェルケン政権に対する宣戦を布告するが、12月には連邦軍とxelken領地の戦争とともに本土におけるxelkenのテロが過激化し経済や安全保障に著しい影響が出始める。2003年1月にはカラムディアからハタ王国のスカルムレイであるところのカリアホ・スカルムレイが当時の連邦外務相であるアレス・シュカジューと会見を行い、ハタ王国民の拉致を規制することと引き換えに現在に続くサニス条約を締約した。これによって連邦と王国はデュイン戦争への本格参戦を行うこととなり、ハフリスンターリブなどの勢力が介入してきたものの2月にはデュイン・シェルケン政権は崩壊した。

現地で抵抗を続けていたヴィッセンスタンツ王国は連邦から高度な自治権と引き換えに解体され、連邦はユエスレオネから大量に自国民を入植させる用意を始める[4]

デュイン移民制度

人口問題や食料生産、雇用の確保といった各種問題の解決のため、デュインへの移住制度が一般に公表された。

ユエスレオネ連邦議会はファイクレオネのユエスレオネ本土にあり異世界であるデュインからの投票は安全性に懸念が残ったため、移民の投票権はデュイン総合府に限り認められることとなった。

dyinの成立

phil.2005年3月にはユエスレオネ主導でデュインは八県二自治区の体制となり、クランタル自治区のデュテュカヴィーナ(dytykavirna)にデュイン総合府が置かれてデュイン特有の民族自治県体制が確立された[8]。連邦との合同選挙の結果、ユエスレオネ社会党がデュインへの移民の投票先として作った地域政党で保守のドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン率いるデュイン社会民主党が政権を取り、リベラル政党であるクントイタクテイ・アレン・ミリアのメイナ党は野党第一党となった[2]。5月には先住民の不満の矛先を反らすため、親連邦派の先住民族であるヴィッセンスタンツ人、ファーシュヴァーク人、アポート人、リスターメ人、サラス人、チョルセ人、ズィタラク人、ラッビヤ人によるデュイン先住民族会議が発足した。デュイン・ユーゲ人組織もいくつか形成され、また人形ラーデミンはラッテンメ人と自称して独自のラッテンメ評議会を設立した[6]

先住民迫害

デュイン大陸部はxelken支配からは解放されたが依然として移民のための土地の差し押さえが起こっており先住民が土地を得ることはできなかった。さらに島嶼部はxelkenの支配をそもそもうけておらず、連邦の支配に対して反発が起こっていた。連邦は先住民に居留地を与え、その中に住む限りは生活を保障したが、phil.2004年のショレゼスコとそれに続く経済危機によって食料や生活必需品の配給も止まり、生活に窮した先住民は暴動を開始した。この暴動の結果デュインでは移民らによって建設された工場や農地といった施設の多くが使えなくなり、工業生産が大きく落ち込むとともに失業者があふれることになった。

この結果を受けて、連邦はphil.2005年3月、配給を再開、さらに先住民の不満制御のためのデュイン先住民族会議を作り、受け皿とした。

なおこの時のあふれた失業者達を吸収して大きくなったのが、phil.2006年に成立したリパラオネナショナリズムの過激派団体であるxelken.alesである。

デュイン・アレス独立戦争

phil.2010年1月にデュイン・クランタル行政自治区区庁がxelken.alesとデュイン独立派によって占拠されたことを皮切りにデュイン領域内で一斉にxelken.alesが蜂起を始め、デュイン・アレス独立戦争(DAPE)が始まった。xelken.alesの目的は連邦を破壊して古理語と新理語を再編したノヨ・リネパーイネ(NIL)を普及させ国際語とすることであったが、この主張は二等市民としてのあまりの扱いに耐えかねたデュインの先住民やデュイン政府の一部によって受け入れられて共闘関係になった。

独立運動は初期には平和的だったが、弾圧での死傷者やデモに一般人が巻き込まれたことによる被害などを通じて互いへの悪感情が高まっていき、過激派による移民の追放や連邦軍による反乱都市への艦砲射撃などの惨事を経て、最終的に連邦政府は2010年8月2日に「全てのデュイン先住民にユエスレオネ国民としてのあらゆる権利を認める」という人権宣言を行った。これにより多くの独立運動は収束し、過激派やxelken.alesによる反乱を残すのみとなった。

これらの反乱は最終的にすべて鎮圧され、1年2ヵ月後のphil.2011年3月3日に連邦側の終結宣言により終結した[2]

また、この戦争において隣国である南サニスから軍勢が派遣されており、特に国境を接するサニス県では大量の南サニス軍が侵入してxelken狩りという名の戦争犯罪を行った。あまりのその惨状に、サニス条約に従って派遣されたハタ王国の軍はxelken.alesや先住民の弾圧などではなく、サニス人たちの救済に動いた。駐屯して食糧や医療などで支援を行い治安を回復させたことで、サニス人はユーゲ人に対して友好的となり、これが現代まで続くユーゲ人とサニス人のつながりの元となっている[9]

連邦支配

DAPEが終わると連邦の支配は浸透し、phil.2015年のデュイン総合府統一選挙ではメイナ党が議席を伸ばしたことでデュイン社会民主党政権が倒れ、メイナ党によるクントイタクテイ・アレン・ミリア政権が成立した[7]。2020年には後の第5代ユエスレオネ首相である、無所属で革新会派のウードヴャズネ・プロシュカナツァートイ・ドヴィニョーキアが長官に就任する[10]

地理

デュインは、大陸北西部の沿岸部とその沖合にある島嶼部から構成されている。

南には南サニスが、南東はタフター、北東に北方海岸自治政府というのちにILGAFと呼ばれることになる国々が位置しており、デュインと国境を接している。タフターとデュインの間には3000m級のイェテザル山脈が峰を連ねており、山頂付近には氷河や万年雪もみられる[11]

政府

連邦の出先機関であるデュイン総合府がまずあり、その下に8つの県と2つの自治区が置かれている。立法は250の議席を持つ総合府議会によって行われ、それに基づいて総合府行政長官をトップとして行政が行われる。また、各県・自治区には連邦公共安全法に従って連邦統治監査官およびその補佐が派遣され、監査官の宣言により各自治体の行政権を連邦議会へ移管し直接統治を行えることになっている[12]

行政区分一覧

先住民 移民
クランタル自治区 (krantal) サイパオプ人 リパラオネ人
イェテザル自治区 (jetesal) ラッビヤ人 リパラオネ人
パニャル県 (panial) ドゥバーギョ人 人型ラーデミン、セベリス人
デイシェス県 (deixes) ズィタラク人 ヴェフィス人
サニス県 (canis) チョルセ人 ユーゲ人
サラス県 (calass) サラス人
シェルタズャートゥンデ県 (xeltasjartunde) ロシュスターホ人 リパラオネ人、ユーゲ人
シェルタズャート県 (xeltasjart) ヴィッセンスタンツ人
ラファンカ県 (lafanka) アポート人 リパラオネ人
リスターメ県 (listarme) リスターメ人 デーノ人

[13]

外部リンク

脚注