スキュリオーティエ叙事詩

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

『スキュリオーティエ叙事詩』(:Skyli'orti'e'd xendusira)とは、古代ファイクレオネの文学作品。実在する古代ラネーメの伝説的な武士ユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリアを主題とする物語。悠里で知られている歴史作品の中で古い作品の一つ。Fafs falira sashimiが主にそれ用のサイトを制作している[1]

概要

『スキュリオーティエ叙事詩』は古代ラネーメ最大の文学作品であり、英雄叙事詩としては悠里世界のそれと肩を並べる世界的な物語と言える。宗教観としてはリパラオネ教によっているわけではないが、後々リパラオネ教徒にリパラオネ教の宗教叙事詩とされたためにリパラオネ教のイメージが非常に強いとされる。メタ的な面としては、Fafs falira sashimiがインドに居た際に読んでいた新約聖書、旧約聖書、ラーマーヤナなどの経典及び叙事詩の存在に影響されたものであり、このような文化的文学は日本語によっていくつか書かれていた。一番最初のそれがアンポールネムに先立つレチ記[2]であった。しかしながら、これは日本語で書かれたものであり、決してリパライン語の文学と言えるものではなかった。これに加えて、KPHT=YYがラテン詩の学習などを始めたためにFafsは、リパライン語に詩文学が欲しくなり、その上宗教的、英雄叙事詩的文学を求めてスキュリオーティエ叙事詩の創作を開始した。

成立

ヴェフィサイトの中でも数少ないリパラオネ教徒であったユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリアを中心にターフ・レチの誕生からリパラオネ教の興隆まで、ヴェフィス武士の興隆からユフィアの誕生から当主になり、mp.4486のスキュリヴェフィセスティアから、mp.4470までの戦死までを描く。編者はアテニア・ド・スキュリオーティエ・アリテ(Ĵestainia de Skyliautie ĵelite)で各地の口承伝承で伝わるものに手を加えた、まとめたものとされている。Mp.1995にADLPより出版を許可され、そのころからリパラオネ教での教典の一つとして注目を浴びるようになった。理語文章はphil.1530年代に活躍したエスポーノ・ドーハによって発掘されたスキュリオーテイエ・ユナ理語(詩語)版であり、発掘された原本スキュリオーティエ叙事詩は古理語、古ヴェフィス語、詩語の三種類であるが、古理語、古ヴェフィス語版は戦火で消失している。

研究

前述の通り、エスポーノ・ドーハを中心として原本スキュリオーティエ詩の発掘及び翻訳は1500年代のうちに行われた。

あらすじ

話はユフィアの誕生から始まる。ユフィアの母親であるヴェーヤは、神であるアレフィスからリパラオネ教を学ばせるよう啓示を受け、当主継承権の下位に居るユフィアにリパラオネ教を学ばせる。アレフィスは、ユフィアにも啓示を下し、軍備をなすように指示する。ユフィアは軍備を手伝いながら父、兄の戦場の話、戦い方、武器の使い方、体の動かし方を習得していった。ユフィアが生まれた時代は極悪非道な好戦狂である南アレス氏族がアレス王朝の諸邦を荒らしまわる一種の戦国時代にあった。ある日、ユフィアは兄の死を告げられる。南アレス氏との戦闘で戦死したとのことであった。続いて、敵を取ろうとする父、姉すらも戦死し、スキュリオーティエ家の指導者として一切の希望も持たれていなかったユフィアが次代の当主となることを求められることになる。ユフィアはそこで混乱し、恐怖する。自由奔放に学び、遊んでいた日は既に遠く、数千人の命を自分の手で動かすことになる。ユフィアは継承権第四位の弟に一時は家督を譲るが、南アレス氏がアレス・ラネーメ家領に侵入し、ユフィアとスキュリオーティエ家の中枢部は後退することになり、弟はアレス・ラネーメ家とスキュリオーティエ家を護るため退けない戦いに挑み、戦死してしまう。多くの犠牲を払いながら、アレス・ラネーメ家とスキュリオーティエ家は山を越えて、山道を破壊し、一時的に南アレス氏のヴェフィサイトの侵攻を食い止めることになる。ユフィアは信頼を取り戻すためにヴェフィサイトを集めて演説を行い、南アレス氏を正すことを誓う。追手のジェレニエ家は、ユフィアの伝統的な戦闘前儀式を嘲笑い、「勝つためには何でもやる」時代になったことを告げる。結局のところ、スキュリオーティエ家のヴェフィサイトはジェレニエ家との合戦で勝利、支持を増やしながら快進撃を続け、遂に南アレス氏の長であるアレス・ピリスティヤと対決することになる。それはユフィアにとって自己の精神との闘いの始まりでもあった――

登場人物

主要人物

ユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリア 〔リパライン名:スクーラヴェニヤ・ユーフェイヤ・フォン・ユリア〕(Skurlavenija jurfheija fon yli'a)

主人公。神に啓示を与えられたために正義と民と仕えるアレス・ラネーメ家のために南アレス家と戦う。

サフィア・ド・ジェレニエ・サージェ〔リパライン名:ゼレネーゲニヤ・スファズィミヤ・サージェ〕(Selenergenija sfasimija cardze) ユフィアの敵、南アレス氏の追手。

アレス・ピリスティヤ

ベルチェ

ベーシャ

イイェルスト

その他の人物

ターフ・レチ

ヴィレティ

影響

脚注

出典

参考文献

  • Fafs falira Sashimi 『ヴェフィス叙事詩「スキュリオーティエ」に関して』 2017