イェスカ哲学

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

イェスカ哲学(理:jeska'd latirno)とはリパラオネ思想の一つであり、イェスカ主義の礎となったターフ・ヴィール・イェスカによる哲学的思想である。

思想の潮流

イェスカ哲学の思想的潮流は、ルラディヌアル(古代リパラオネ哲学)を原点としている。その立場からレヴェン思想を解釈し直し、また教法学的観点やフィシャ・ステデラフの思想を援用している。リパラオネ思想の総ざらい的な観点もあるが、その中心には近代以降の社会哲学・政治哲学の思想の軸が存在した。

思想としてのイェスカ哲学

  • 主体的統一(Ixfanto cilylista)
  • 教法学的社会主義
  • 説得主義