ヴェフィス共和国

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ヴェフィス共和国(: chafi'ofesen vefise, : Paifeanicha Vaifiseit)は、ファイクレオネの地上部に位置する立憲君主制国家。首都はコトー・エヌルド(Kotel enould)。アイル共和国リナエスト・オルス共和国とともにPMCFを構成する。

歴史

成立まで

エルフ熱とそのワクチン開発によって発生したモンスターによる混乱の中、スキュリオーティエ家をはじめとする多くのヴェフィス人が地上に残された。このヴェフィス人たちはphil.2000年に現在のヴェフィス共和国領となる諸島に到達してリパラオネ連邦共和国ナジャールト地域の知事であったターフ・クリェーギヤを中心にヴェフィス暫定政府を成立させた[1]。この暫定政府は多数派であるヴェフィス人を疎外する政治を行い、翌2001年にはヴェフィス人で副首相であったクロウディア・ドゥ・デヴァニエ・クロウヴァディが解任したためヴェフィス人たちによって2.18クーデターが発生した[2]。こうして3月12日にヴェフィス共和国が成立し、PMCFに加入した[3]

成立後

10月8日事件に始まるアイル共和国内戦への介入[4]や、イスケ紛争への介入がなされた[要出典]

地理

ヴェフィス共和国の地図。

行政区分

地形

4つの島によって構成されている。本島の中心地域は山岳地帯であるために港に近い平地地域が発達している。デルタ地帯に広がる首都コトー・エヌルド(Kotel enould)、鉱山の街として栄えたクワンファマニヤ(Kointfaméania)、古くからのアレス王朝とヴェフィスの伝統を残すコトー・ヴン(Kotel voun)などが主要都市として発達している。[1]

気候

全体的に現世でいうところの地中海性気候、温帯湿潤気候に分類される気候である。平地を発達させたデルタ地帯では、暑くなってくる5月~7月の間は吹き付ける海風を高山が受け止めて、雨季になる。8月から10月の初めまでも天候は不安定だが、基本的に日が照る。10月中旬から3月までは温度が低下し秋、冬を経て、4月~5月の春がくる。雨季の雨量は多く、毎年離島地域では大きな被害が発生し、PMCF軍による救助・避難支援が行われる。

植生

樹木が育成し、柑橘類が多い。樹木はツバキ科、クスノキ科のような葉が厚く、寒さと乾燥に強いものが多い[1]

宗教

フィメノーウル信仰リパラオネ教が主に信仰されている。フィメノーウル寺院である水家はラネーメ各地に存在しているが、国内に作られたものはユエスレオネ時代後の新しいものが多い。リパラオネ教教会はユエスレオネの接触後に増え、いくつかの末端フィアンシャが存在する。末端フィアンシャは豪雨による災害において毎回各地への救援を行っている[1]

政治

「共和国」という名前を持ってはいるが立憲君主制が採用されており、スキュリオーティエ家を大公として戴いている。スキュリオーティエ家は主権からは排除されているものの国の象徴や一つの機関として残り、「ファリアガード講和条約に基づくシェルトアンギル領主にしてヴェフィス共和国君主たる大公:スキュリオーティエ家」(Skyliautie faimieit: Le çhanths var est çhanths paifeanichau vaifiseit mait çhanths var paisé Chailté-Angillaile no Chiaktalé fol Faliagadé)という正式な肩書を持つ。また、リネパリニア派とカーキア派に分かれての対立構造がある[1]

産業

農業

ヴェフィスヤシ(vefisait nuporju)やぶどうやトマト、トウモロコシの栽培が活発である。酪農では、ラネーメ圏の影響で牛より山羊を放牧することが多い[1]

鉱業

ウェールフーポ鉱石が良く産出されておりウェールフープ動作器への需要に対して世界シェア2位を取っている[1]

教育

大学

ヴェフィス国立研究院大学が存在し、フィシャ・ステデラフターフ・ヴィール・イェスカといった有名な人材を数多く輩出している。保守的な学風で知られており、教法学者たちを批判したレシェール・ヴェンタフを追放している[5]

関連項目

外部リンク

出典