リパラオネ教

提供: 悠里包括Wiki
移動先: 案内検索

リパラオネ教(:Lipalaone)とは、ファイクレオネなどで信仰されている宗教の一つである。唯一神アレフィスを信仰し、その信仰によって死後の転生をより良いものにしようとする信仰であり、ファイクレオネのリパラオネ人及び一部のラネーメ人、ユーゲ人などに信仰されている。信者数はファイクレオネでは最も多い。

成立

紀元前5000年以上前より、そのリパラオネ教は存在し成立過程はよく分かっていない。宗教学的見地からは、リパラオネ原始宗教とラネーメ人の信仰は早い時点で入れ替わった可能性があるとされている見方が一般的である。

教派の概要

リパラオネ教は歴史とともに様々な教派に分かれており、現在は概ね次のように分類される。[1]

  • 主流派 - フィシャを最後の預言者として認め、フィシャ・フォン・フィアンシャに認定を受けている。
    • フィシャ派 - 八戒とアンポールネムの重視
    • ヴィデュン派 - 世界の再創造、転生、社会性の重視
    • トユター派 - トイター教との習合
  • 諸流派 - 主流派のいずれかから破門を命じられて、独自のフィアンシャ体系(俗に独立フィアンシャと言われるもの)を持って教徒を導いている。
    • リナエスト教団 - 厳格なリパラオネ法の運用、レチ理人種説、他教排他、選民思想
    • フェイヤー派 - 複数の預言者容認、ルキアの最後の預言者説を否定
    • 改革派 - 科学主義読解、教典至上主義、反教会主義、リベラル・リパラオネ
    • 復活派 - 終末論、理教国家主義

消滅した教派としては、東方教団やFafs教がある。

教源

リパラオネ教の教源は、教派によって統一しないが、様々なものがある。

八戒
アンポールネム(ジニェレーチェの書)
ファシャグノタール(キターの書)
スキュリオーティエ叙事詩
ユーラガードや教法学書

脚注

出典

この記事は書きかけです。