エスポーノ・ドーハ

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

エスポーノ・ドーハリパライン語esporno.dorha, 1507 - 1552)は、詩人であり考古学者である。スキュリオーティエ叙事詩を発掘、翻訳し研究した人物として知られている。

概要

ドーハは古い形のリパライン語詩を復活させよう[1]と、ユナ・リパライン語版[2]スキュリオーティエ叙事詩を発掘し、それを翻訳した。翻訳の底本であるフォグリグロシオ・エメティオ写本[3]は既に散佚しており、ドーハの訳のみが残っている。

ドーハは叙事詩の翻訳の後、戦争に巻き込まれることになり、遺跡の調査中であった1552年に戦闘の流れ弾を受け死亡した。[4][5]

著書

  • 『アマルガム鍍金説』―ヴェラティヤ教法会議にてリパラオネ教においての偶像崇拝を禁止する原因となった、偶像の製作者に頻発した変死という一見不可解な現象は、考古学的証拠から金アマルガム法による水銀中毒によるものであると推察できる、と発表。近世リパラオネ教社会において偶像崇拝の意見が二分していく遠因となる。[6]

脚注