スカートゥ主義

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

スカートゥ主義(理:Skartumera)とは、リパラオネ右派的思想の一つ[1]シャーシュ学派とは対立関係にあるとされる[2]

概要

スカートゥ主義の起源はヴェフィス市民革命に由来する。エスタール時代の終末において、ヴェフィス人たちを中心としたリパラオネ人は市民革命を起こすことによって国民国家の基盤を作ることになる。ヴェフィス・ナショナリズムは国民統合の言語としての『リパライン語』という概念を明確にしていった[3]
エスポーノ・ドーハなどのリパラオネ人作家によって16世紀からは言語ナショナリズムが高揚していくことになり、植民地支配した先住民に対して「高貴で有用な言語であり、先進的で伝統を持ち合わせたリパライン語の最高文学であるスキュリオーティエ叙事詩を教育する」という視点の「高貴な詩を伝える者」のような作品が増えていった。リパライン語以外の言語は遅れた言語であり、そういった遅れた言語を消し去り、リパライン語を啓蒙することが一般的な知識人の考えとなっていった。スカートゥ主義の「スカートゥ」はこの「高貴な詩を伝える者」の作者スカースナ・トゥリオイユの省略名称から来ている[4]
植民地支配の時代に入るとこの傾向は強くなってゆき、言語帝国主義と言語純化の思想を背景としてリパライン語以外の言語を迫害する名目となって大量の言語が消滅した。

現代のスカートゥ主義

スカートゥ主義は現代ファイクレオネの言語政策に影響を残しており、ユエスレオネ連邦の公用語政策やPMCFにおける言語政策にこれを背景としたものがある。しかしながら、いずれもより発達したシャーシュ学派的言語政策に切り替わっており、スカートゥ主義を色濃く残すのはヴェフィス共和国のみとなっている[5]

脚注