悠里文学

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

悠里文学(Jurlien kranteerl, :syutomojanba fo Yuuri)とは、悠里で作成された言語表現による芸術作品群によって構成される一種の文化である。

概要

悠里文学は、Kranteerl y io xalを最初として悠里勢の文学的表現の核心たる人工言語と世界設定に発達してきた。これはつまり、人工言語や世界設定の描写と非常に密接な関係を持ち、それでもって悠里が閉鎖的なコミュニティであった時代からの発達過程を経て、現在の様式に達したと一般的には考えられている。

典型

悠里文学の典型は、「死」を中心とした作品の打ち止め方にある。これは悠里作品を初期に書いていたメンバーが登場人物の死を好んだ結果とされている。他にも悠里の反俗主義的思想が悠里文学批評的観点にはあるために悠里文学の観点からはライトノベル的なものは高く評価されない。しかしながら、2017年を基とする2020年問題などによるコンテンツ論の高まりなどによって、異世界転生したけど日本語が通じなかったなどの作品が書かれるようになり、その価値も評価されるようになった。悠里文学の典型としては以下のようなものがある。

  • 文字数主義
  • 「死」の強調
  • 物語のテンションの低さ
  • 登場人物の多さ
  • 登場人物の伝統的な役目の固定(自殺枠、リファーリン枠など)