ウェールフープ学

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ウェールフープ学とは、ウェールフープを考察する部門及び学術的考察の総称である。

概要

ウェールフープとは異世界ファイクレオネなどにおいて利用される技術にまつわる科学である。日本では魔法、異能、能力などと呼ばれ、それを扱うものは能力者、イレギュラー……などと呼称される。しかしながら、ウェールフープは魔法ではない。科学である。ろくな魔法理論も立てないファンタジーサブカルチャー作品に対して対立した立場から、ある点でその世界に固有の科学を創り出し、それを世界に適用するのである。[1]

ウェールフープ学は、基本的に長年文学的に培われてきた悠里での異能、魔法、能力の立ち位置を持つウェールフープの存在を科学的見地より詳細的に、アプリオリ性を持って、論理的に決定する学術的考察及び考察部門の総称である。

Kranteerlシリーズとウェールフープ学

ウェールフープという現象を検証するにおいて、悠里における重要な立ち位置を占める文学的作品であるKranteerlシリーズは、ウェールフープ学の検証・考察において重要な立ち位置を成した。Kranteerlシリーズの真理設定と非真理設定の混在状態の結果、ウェールフープ学がKranteerl学の成立を促したという結果もあり、この二つの存在は非常に近しいものとなっている。

ウェールフープ理論

ウェールフープという現象は、様々な立ち位置から理論化されうるものであり、最新の理論のみが正しいわけではない。これによって、ウェールフープの解釈と理論化の実装には様々なものが存在している。

  • アレス学派
    • サード論
    • フォース論
    • 前期S.H.K WP理論
    • 後期S.H.K.WP論
      • プレス論
    • S.J.K WP理論
  • 古典学派
    • 魔法生神論
    • 皇論的ウェールフープ解釈
    • トイター教ウェールフープ解釈
    • リパラオネ・ウェールフープ・スタディーズ


関連項目

注釈