アイル国際特別法廷

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
mark chuui.pngこのページは設定が直接記入されています
悠里包括wikiのページは参考文献や出典を明示し、創作設定記述から引用・集積されたものにしてください。(2021年06月)

アイル国際特別法廷(伝統文語:◯◯◯◯, アイル語:ai'rge icpen panka xiyyuna hep'iai, パイグ語:◯◯◯◯, バート語:ehaihomá bháhepahomá bháṭámakátá ṣíyabát, タカン語:◯◯◯◯, リパライン語:ispien fhanka flarskaval fon ai'r)とは、ピリフィアー暦2002年3月15日から2005年12月15日のアイル共和国においてヴェルガナ・トゥワイ・ズュザ率いる遠天政権によって行われた最高尊厳に対する重大な犯罪についての責任を有するものを裁くことを目的として、2016年に設置されたPMCF司法機関。

設置の経緯

アイル共和国の成立と内戦

地上で発生した感染症とそのワクチン開発の過程で発生したモンスターは地上を圧巻し、驚異的な速さで人類文明を抹消直前まで追いやった。人類の一部はユエスレオネという天空の城に逃げることなったが[1]、ユエスレオネに乗れなかった者たちは生き残るための地上を探し出すことになった。人類の避難地の一つとして選ばれたのは旧ラネーメ王朝の皇帝領である諸島部であった。そして、後のその諸島部はPMCFと呼ばれることになる[2]
2002年にアイル共和国が建国されて以降、その代表者としてヴェルガナ・トゥワイ・ズュザが擁立された。当時のアイル共和国は家を失った国民たちが夜通し酒を飲み、賭博で持てる財産を全て失い、更に荒廃した状況となっていた。当時の文化省大臣タカマ・ソラナはこれを「酒を飲むも裁を打つも、皆々心在りての事」とヴェルガナに訴えるもヴェルガナは中央政府の整備を優先し、自らの政治基盤を盤石にすることを最優先事項と見なした[3]
2003年12月6日にPMCFとユエスレオネ連邦が接触すると、革命による政治難民が流入した。アイル共和国にも多くの難民が流入し、国家の強行的な政策と反発したり、国民との摩擦が発生することになった。それ以降、ユエスレオネ政治難民と支持する国民たちはデモを繰り返すようになり、遠天政権はこれを徹底的に逮捕・弾圧するようになる。そして8月21日、ヴェルガナが指揮する共和国軍は共和国議会に結集した無抵抗のデモ隊を包囲し、自動小銃で殺害した。この事件に始まるのが10月8日事件と呼ばれるアイル共和国内戦の始まりであった[4]。 この内戦は最終的に蜂起したタカマソラナを中心とする国民・難民・学生運動家たちの勝利に終わった。ヴェフィス共和国軍騎士憲兵科特殊作戦部隊によって閣僚たちは逮捕されることになったが、特別法廷で裁かれるまではアイル共和国の安定する2016年を待たなければならなかった[4]

特別法廷の設置

2010年代からKAFNE(難民・移民評議会)が内戦時代の「最高尊厳抑圧者」を裁くべきであると主張し始めるとアイル共和国内では内戦時代への関心が高まった[5]。PMCF諸国の刑事司法は国の上に最高審級としてのPMCF刑事裁判所が存在する[6]。戦後政権では実働と事務の分離がしっかりと行われたが、遠天政権ではこれが混同され「内政の安定化」を名目に恣意的に運用されていた[7]。そのため、国民やKAFNEからは「刑事裁は過去の遠天政権の元で働いていた法曹関係者の延長線上にあるため、前政権を裁くには不適当である」という主張がなされていた[8]。しかし、PMCF議会では特にヴェフィス共和国が「公正公平でない単なる処刑は避けられるべきだ」としてPMCFとしての介入を強く主張した。連合長リアシェン・L・K・アレスリナエスト政府は調整に追われ、議論は三年間続けられた。2013年にPMCF議会で自治体議会決議T1591号(アイル共和国内戦における特別法廷の設置について)が可決される[2]。この決議により、アイル共和国タカマ政権とPMCFが共同で特別法廷を設置することが決定した。特別法廷と審判収容所は光島の辺境都市◯◯に設置された。警察部は2014年5月2日から活動を開始し、政権関係者や弾圧者の収監を開始した。検察部は2015年1月2日から捜査と資料収集を開始した。裁判部によって2016年3月7日にヴェルガナの第一審が開始された。

裁判

アイル国際特別法廷は国際特別法廷規則に従って運用される。この法廷は、(1)最高尊厳の抑圧、(2)◯◯条約の◯条違反(戦争犯罪)、(2)その他国際法に対する違反、(3)アイル共和国国内法における犯罪を起訴の対象とする。三審制であり、最高審で刑罰が確定される。裁判長はアイル共和国民から選出され、それぞれの事件ごとに異なる。裁判官は各事件8名であり、アイル共和国1名、ヴェフィス共和国2名(3名)、リナエスト共和国3名(2名)となっている(リナエストは内戦突入や一時脱退時にヴェフィスが代理をしている)。死刑は認められていたが、適用された者は居なかった。

氏名 起訴日 最高尊厳の抑圧
戦争犯罪
国際法
国内法
法廷侮辱罪
内戦時の立場 起訴事由 動向
ヴェルガナ・トゥワイ・ズュザ
velgana twaji-siusa
2016年3月7日 12 9 2 - 3 共和国首相・共和国軍司令官 共和国議会前示威集団虐殺事件における虐殺指示。国民の最高尊厳の抑圧と内戦中の戦争犯罪の指示、その他国際法への違反。 2016年3月7日、第一審開始。
2016年3月16日、第一審終身刑判決。
2016年3月17日、被告人控訴第二審開始。
2016年3月25日、第二審懲役18年判決。
2016年3月26日、検察部上告第三審開始。
2016年5月23日、第三審懲役22年判決(確定)。
国際特別法廷規則第16条により、懲役16年に減刑。
コールーシャム・ガートゥ・サーワタイム・ヨーク[9][10]
korúṣam ghátu cáwaṭaim jok
2016年3月7日 10 5 1 2 - 国裁判所長 事務・実務の分離を汚職によって混同させ、政権の恣意的な法運用と止めようとしなかったという最高尊厳の抑圧への加担。 2016年3月7日、第一審開始。
2016年3月16日、第一審懲役12年判決。
2016年3月17日、被告人控訴第二審開始。
2016年3月25日、第二審懲役9年判決。
2016年3月26日、検察部上告第三審開始。
2016年5月23日、第三審懲役11年判決(確定)。
国際特別法廷規則第16条により、懲役6年に減刑。
◯◯◯◯
◯◯◯◯
2016年3月9日  ?  ?  ?  ?  ? 共和国陸軍第十八歩兵師団司令官 共和国議会前示威集団虐殺事件での虐殺実行、PMCF自衛軍に対する国際法違反の欺瞞行為と市民を利用した人間の盾などの戦争犯罪行為。 2016年3月15日、検察部・アイル共和国政府・PMCF連合長の連名で勾留中の死亡確認を発表。
2016年3月23日、手続終了。

国際特別法廷規則

国際特別法廷を運営する上での各国間の規定である。

第16条

裁判を待機する間に勾留された者で不当に懲役・禁錮を課された者に関してはその服役期間を確定判決から控除する。禁錮は懲役の1/2として数える。端数は切り上げる。

ヴェフィス軍騎士憲兵科特殊作戦部隊によって逮捕されたヴェルガナ・トゥワイ・ズュザを中心とする閣僚はヴェフィス国内で勾留されていたが、ここではアイル共和国の許可を得ずに不当にヴェフィス国内の刑事訴訟規則に従って起訴され、懲役や禁錮が課されていた。これに対する救済措置として設置されているのが16条である。この16条に関しては各国から様々な意見があり、被害者やKAFNEなどからは量刑が軽くなりすぎるなどと批判も多い。

脚注