デュイン

From 悠里包括Wiki
Revision as of 05:08, 6 February 2020 by Jekto.vatimeliju (talk | contribs) (赤リンク増やす)
Jump to: navigation, search

デュイン(: dyin)とは、アレークウィ世界の一地域である[1]

歴史[2]

xelken.valtoalは独自の軍事力とウェールフープ学の進歩に基づいて、ファイクレオネの外部に出ていってデュインを征服した。現地の原住民であるヴィッセンスタンツ人やリスターメ人、ファーシュヴァ―ク人などの一部はxelken.valtoalの支配を受けた。

ピリフィアー歴807年にデュインに成立したシェルケン政権は、フォルシンソ計画と呼ばれる都市計画を実行した。ネートニアーをファイクレオネなどから拉致し、拉致したネートニアーは古理語やリパラオネ教の再教化を行い、最低五ヶ月の収容所生活をさせた。収容所生活の後に最小自治単位フィオン(fhion)に民族や母語が被らないように配置することで古リパライン語のみでしか意思疎通を行うことができなくなった。

ピリフィアー歴809年、ヴィッセンスタンツ人であるサニス人であるコンダーファフィス・ファーヴィヤ(サニス語名:シセル・スイツマディン)はフォルシンソ計画に基づく苛烈な都市計画に不満を持った同じフィオンの人間と共に古リパライン派の人間に反乱を起こしたが、失敗に終わった。

xelken.valtoalに追われた原住民は、北洋を超えてラファンカ、リスターメ、サラス、パニアル、クランタルなどの諸島に逃げた。デュイン近海の航海術を知らなかったシェルケンたちは海を渡ることができず、北方に逃げた原住民は逃げ切ることができたが島嶼部に住んでいた先住民たちと戦闘するなどして定着にさらなる困難がある場合もあった。

ピリフィアー歴1620年以降、xelken.valtoalがウェールフープによる武器などを提供する代わりに、ハフリスンターリブはスカルムレイ(女王)体制を容認するハタ王国人をXelkenに引き渡すという、後にハタ王国民拉致問題として知られることになる状況が発生するようになった。

xelken.valtoalが拉致したユーゲ人はシェルケン・デュイン政権の仕組みに従って、フィオンの中にバラバラに流入した。しかしながら、ユーゲ人の人数はあまりにも多かったためにフィオンにはユーゲ人コミュニティが発生した。このコミュニティの発生に施政者たちは強い危機感を持ち、ユーゲ人に対する苛烈な同化政策を進めることになる。少しでも反対するようなものはウェールフープを用いた再教育や拷問、洗脳などの非人道的な手段をなりふり構わず用いた。ユーゲ人の名前は利用が許されず、リパライン語の名前を本来ADLPから下賜されるものであるはずのアロアイェーレームとして(つまり絶対的名前として)与えた。ユーゴック語はもちろんどこにおいても使うことが出来ず、トイター教の礼拝集会は禁止及び解散され、拉致被害者の間に生まれた子供は古リパライン語で教育された。

ピリフィアー歴2002年11月に連邦軍諜報部がxelken.valtoalの情報を受け、デュインに向けて調査員を送るが帰還しなかった。これを殺害されたものと見たイェスカ社会党政権はデュインのシェルケン政権に対する戦争を検討し始める。12月に始まった連邦軍とシェルケンとの戦闘が激化すると共に、ユエスレオネ本土でのテロも発生することになった。安全保障上の問題が取り上げられるようになるとともに、2003年1月にはカラムディア・ウェルフィセルからハタ王国のスカルムレイであるところのカリアホ・スカルムレイは当時の連邦外務相であるアレス・シュカージュと会見を行い、現在に続くサニス条約を締約することになった。サニス条約は連邦と王国がデュイン戦争への本格参戦を行うものであり、ハフリスンターリブなどの勢力が介入してきたものの2月にはデュイン・シェルケン政権は崩壊した。2005年3月にはユエスレオネ主導でデュインは八県二自治区の体制となり、デュイン特有の民族自治県体制を確立した。連邦と合同選挙が行われ、保守政党であるメイナ党のクントイタクテイ・アレン・ミリアと革新政党のデュイン社会民主党ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサンの激しい政争が始まり、メイナ党による政権が成立した。5月にはヴィッセンスタンツ人、ファーシュヴァーク人、アポート人、リスターメ人、サラス人、チョルセ人、ズィタラク人、ラッビヤ人によるデュイン先住民族会議が設立した。デュイン・ユーゲ人組織もいくつか設立されている。デュインの人形ラーデミンはラッテンメ人と自称し、独自のラッテンメ評議会を設立している。

ピリフィアー歴2010年1月にデュイン・クランタル行政自治区区庁がxelken.alesとデュイン独立派によって占拠されたことに始まるデュイン・アレス独立戦争は、デュインの言語思想の中でも強いものであり、過激派xelkenの考え方が未だに残っていることの確証となった。xelken.alesは2008年にXelken原理主義のグループから分離独立した過激派の一つである。連邦政府を破壊し、シェルケン国家を作ることが目的であった。xelken.valtoalが古理語の普及を徹底させることを目標にしていたのに対して、xelken.alesはそうではなく古理語とユナ・リパライン語を再編したノヨ・リネパーイネを普及させることを目的としていた。こういった思想はレシェール・ツァーメナフスクーラヴェニヤ・クランの思想の影響があると見られており、生まれてから古理語教育を受けた拉致被害者二世やデュインに住むXelken集団のなかでこういった考え方は共感を多く集めたと見られている。xelken.valtoalは連邦と協力して、独立戦争で戦ったが保守派と革新派に分離した。

脚注