燐帝字母

提供: 悠里包括Wiki
移動先: 案内検索

燐帝字母(燐帝字音、燐字)はピリフィアー紀元前5122年、アレス国王アレス・リンの手によって当時の異体字、発音、表記法などを整理し、統一した表意文字体系である。[1]

ファイクレオネで使われている文字の中では最古の文字体系であるラネーメ表意文字の特徴を最も残していると言われ[要出典]、現在最も文字数が多い文字体系である。古代から周辺諸国家や地域に伝播して燐字文化圏を形成し、言語のみならず文化上の大きな影響を与えた。[2]

現在では、この文字を専用的に使う言語はほとんど無く、補助的に表音文字を使用する言語が大半である。[3]

概要

特徴

燐帝字母はリパーシェや、ロライヘル文字などに代表される表音文字とは性格を異にする。表音文字では、一字が一音素ないしは一音節に対応するのに対し、燐帝字母は表意文字であるので、一字が一単語ないしは一形態素に対応する。これは燐帝字母の大きな特徴であり、語の発音でなく、語の意義を通じて各々の形態素などに対応するため、発音を知らずとも大まかな意義を知ることができる。このことから燐帝字母は広い範囲[どこ?]に広まったのではないかというのが専門家[誰?]の中では言われている。[4]

歴史

燐帝字母の起源となったものはラネーメ表意文字の子孫であるアイル・パイグ文字(藍牌文字)である。これは筆で書くためにラネーメ表意文字の字形が変化したものである。しかし、発生当初から燐帝の時代に至るまで、強力な文字政策が行われなかったがために、大量の異体字が発生し、遠距離間での情報伝達は困難を極めていた。そこで、アレス・リンは通用していた文字の中から、簡便なものを取り出し、字体、発音などを整理した上で、ピリフィアー紀元前5122年に公布した。これが燐帝字母である。字体は当時の非識字層を中心に広まっていったが、発音は容易に変えがたかったために、燐帝の統一した字音は普及しなかった。[5]

研究

有名な研究者の一人に、キャスカ・ファルザー・ユミリアが居る。

抜粋

漢字転写で表記する。

我汝此其彼何或全無在互己
物人如之処時故位術
言字筆書墨文論紙絵
手足心目口骨頭腹背肉
光闇木草火水風石金膠花種実油脂
大中小周内外軸
衣糸
日月星天地山谷川海陸島
上下左右東西南北縦横高低
始終出入
一二三四五六七八九
撃行来識
獣鳥魚虫龍
機箱
加別
男女

[6][7]

この記事は書きかけです。

脚注