悠里の刑罰一覧

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

悠里の刑罰一覧では、悠里諸国における刑罰について列挙する。

多くの刑罰は現世にあるものと同じなので、ここでは悠里に特有の刑罰または現世と違った意図や経緯を持つものを扱う。

ヴェントタード刑[1]

実施国:ユエスレオネ(古代から近代)

頭爆刑・頭爆殺刑とも。
ケートニアーを確実に処刑するために、頭部に爆薬を巻きつけるなどし、一撃で脳組織を破壊する刑罰。
近代以降は他の処刑方法が発達し、行われなくなった。その後も死刑の代名詞としては残り続けている。

社会抹消刑[2]

実施国:ユエスレオネ

ユエスレオネにおける最高刑。ユエスレオネ、ないし同等高度の空中から受刑者を投下し、ユエスレオネ社会から抹消する刑。
ケートニアーであれば落下では死亡しないが、そうでなければ死亡する。この不平等を解消するために、執行前のネートニアーにはウェールフープ可能化剤が投与される。
しかし可能化剤の不適合で死亡することもあり、俗にウェールフープ可能化剤死刑とも称される。

ユスタヴィヤロ刑[3]

実施国:古代リパラオネ[要出典]

脯醢とも。
殺害の後切り刻み、遺体を塩漬けにする刑。
古代中国にも類例があり、そちらでは恨みのある者が食用に供するが、こちらでは専ら腐敗の防止に目的があり、腐敗による転生を防ぐために用いられたとされる。

脚注