ユエスレオネ連邦の法律

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ユエスレオネ連邦の法律(理:Sopit fon fankasa'd yuesleone)はユエスレオネ連邦において効力を持つ(持った)法律について解説する。なお、ユエスレオネ連邦では国際条約は国内法として実効する(連邦憲法第三章)ため、ユエスレオネ連邦の締約した条約に関しても本項で解説する。

憲法

詳細は悠里世界の憲法を参照

教育法

連邦教育法

ファンセルと呼ばれる課程を義務教育として規定している法律[1]

言語法

  • デュイン先住民言語法
  • デュイン移住者言語法
  • デュイン教育言語法

連邦言語保障監理官事務所設置法

言語保障監理官事務所がリーサ・カクザの「言語権」を基軸にした「言語保護論」、ジュヘーシェ・ユーヅニー・ラインの「政治的言語と比較言語学的言語」のような考え方を受け継いだシャーシュ学派的な言語政策として多言語社会統合発展言語行政枠組みを支持した連邦の言語集中政策目標やファールリューディア宣言、ベノーチャ合意に基づく「言語保障」を監理することを目的とし、監理官が司法警察職員として現行犯逮捕の権限を有する者と明示する法律。2011年に可決される[2]

言語保障監理官法

言語保障監理官に関してその地位と任務を定める。2011年に可決される[3]

連邦公務員言語能力試験法

連邦の公務員が年に一度、連邦公用語であるリパライン語と母語の言語能力を評価する試験を受けなければならないと定める法律[4]

労働法

  • 連邦労働基本法
  • 労働安全基本法
  • 労働組合法
  • イェシスヴィエス雇用差別対策法
  • 労働者保護法

[5]

社会保障法

  • 国民社会保障法

[6]

安全保障関連法

特定祝祭騒動対策法

通称「トイタネイン対策法」、トイター教の祝祭であるトイタネインにおける毎年の大騒動を抑えるために公共交通機関の本数の調整、警備員の設置、テロ対策の教化を総合的に取りまとめた法律[7][8]

連邦公共安全法

連邦を構成する主体に連邦統治監査官、連邦統治監査官補佐が設置され、彼らが非常事態の際に非常事態宣言を発令し、各自治体の行政権を連邦議会の直接統治に移管することが出来ることを規定した法律。連邦軍による非常事態軍事統制(軍政)に関しても規定されている[9][10]

連邦情報管理法

機密情報の管理にまつわる法律[11]

禁酒・禁煙法

お酒・タバコの単純所持を禁じる法律。また、越境審査場でアルコールが検出されると強制的に勾留させられ、酔いが覚めるまで入国を禁じられる。医療・工業分野での利用は許可されているが当局に対する定期的な数量や利用目的の報告も義務付けられている[12]。憲法に保護を定める自己決定権の侵害であり、違憲であると国を相手取って訴訟を起こした判例がある[13]

行政法

  • 連邦移民法
  • 連邦租借・移譲地行政法

[14]

  • 連邦統一選挙法

2021年に改定。統一選挙は10年ごとだったが、5年毎に変更された[15]

条約

  • サニス第一条約
  • サニス第二条約
  • サニス第三条約
  • 国家法務通訳者相互呼び出し条約(MDF-ISA)

[16]

脚注