ドホジエ・アレス

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search

ドホジエ・アレス(vgtohošie ales)は、リナエスト・オルス共和国出身のイスケ系リナエスト人テロリスト、女性[1]、武装組織イスケ・リナエスト・オルス(ILO)の幹部[2]、ILO開発局員[3]、第五小隊副司令官[4]

Contents

概要

量産ラーデミン兵を初めて近現代紛争に導入したILO開発局に協力していた[5]。狡猾で老獪、無情な人間として知られており、仲間からの通称はカマキリ(現代中央里語:ĵašascä 、理語:kharxkhaxke)[6]だったが、前述の量産ラーデミン兵を含めILO司令部からの作戦に対して中止か配員の見直しを要請したり、撤退を進言し聞き入れない部隊を延命させようと努力するなど意地が悪いと言うより、プラグマティックな人間であったため仲間からは乾いた信頼をある程度得ていたという。[7]。しかし、弱者に対する態度は非常に厳しく、切り捨てられた仲間の同僚などからの憎悪も酷く側近からは身の安全を案じられていたという[要出典]ピリフィアー歴2014年11月12日、ユエスレオネ連邦は彼女の引き渡しをリナエスト・オルス共和国に要求したが断られている[8]

脚注

  1. phil2014年05月03日 pm21時47分 - isztät ü isztäš
  2. イスケ紛争 - リパライン倉庫
  3. Phil2014年04月21日 - isztät ü isztäš
  4. phil2014年05月03日 pm21時47分 - isztät ü isztäš
  5. Phil2014年04月21日 - isztät ü isztäš
  6. 2020/8/22のFafs falira sashimiとskarsna haltxeafis nirxavijaのDiscordでの通話で、ドホジエ・アレスは現代中央リナエスト語の音韻と綴りに合わないため他の(古い体系を残している)リナエスト語方言の名前であるとされた。このため、カマキリという通称がわざわざ付けられているのは現代中央リナエスト語を話すILO組織員がその方言名を避けたからであるとの考察がなされた。
  7. phil2014年05月03日 pm21時47分 - isztät ü isztäš
  8. イスケ紛争 - リパライン倉庫