Difference between revisions of "用語集:ら行"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(表現の変更)
Line 7: Line 7:
 
=== 歴史上の不完全性 ===
 
=== 歴史上の不完全性 ===
 
人間は失敗を繰り返して成長する、歴史上でいきなり完全なものが開発されるのはおかしいという概念で、途中に不完全性が挟まれることがあってしかるべきという創作思想<ref>https://jurliyuuri.slack.com/archives/C698QT6DQ/p1506695078000053</ref>。
 
人間は失敗を繰り返して成長する、歴史上でいきなり完全なものが開発されるのはおかしいという概念で、途中に不完全性が挟まれることがあってしかるべきという創作思想<ref>https://jurliyuuri.slack.com/archives/C698QT6DQ/p1506695078000053</ref>。
 +
 +
=== 歴史上の非突飛性 ===
 +
何でもかんでも突飛なものを造ればいいというものではない。突飛なものは歴史的流れにおいてどのようにそれが成立したかを創作者に説明させる責任を負わせるものであるという概念。現世と違った通常ではない特異なものを作る場合には、その説明が要求されるという創作思想。

Revision as of 19:30, 13 October 2017

用語集
- - - - - - - - - - 英数

ら行

理名(りめい)

希望者に与えられるリパライン語の名前。

歴史上の不完全性

人間は失敗を繰り返して成長する、歴史上でいきなり完全なものが開発されるのはおかしいという概念で、途中に不完全性が挟まれることがあってしかるべきという創作思想[1]

歴史上の非突飛性

何でもかんでも突飛なものを造ればいいというものではない。突飛なものは歴史的流れにおいてどのようにそれが成立したかを創作者に説明させる責任を負わせるものであるという概念。現世と違った通常ではない特異なものを作る場合には、その説明が要求されるという創作思想。