現代中央リナエスト語

From 悠里包括Wiki
Revision as of 18:34, 11 May 2020 by Nejsékpey (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

 現代中央リナエスト語(-ご、里:Yustkocvéšné、ユシェコジェーシュネ)は、リナエスト語族中央リナエスト語派に属する人工言語である。漢字表記では同じ「リ」と読むリパライン語(理)と区別するために、「里」の字を用いる。

概要

 現代中央リナエスト語は[[東諸島共和国連合>PMCF]]の加盟国リナエスト・オルス共和国の事実上の公用語として位置づけられており、主にリナエスト人や一部のリパラオネ人、ヴェフィス人、その他ラネーメ系民族が母語とする。  中央リナエスト語派は古代リナエスト語を元に2018年頃に創作が開始され、数度に及ぶ音韻や文字、文法の変更を通じて、それぞれの過渡期を保存することで、中古中央リナエスト語、中期中央リナエスト語、近代中央リナエスト語が成立した。現在では、現代中央リナエスト語が最も新しく創作された人工言語ということになる。

文字

 リナエスト文字体系を用いる。  リナエスト文字はデュデュスン・リパーシェの碑文体に起源を持つとされた文字体系である。  初期のリナエスト文字は書字方向を右から左とし、多くの合字を用いたが、クレオスやその他の文字文化圏の影響を受け、左から右に書くようになり、次第に合字が廃れていった。約物に関してもリパーシェの影響を強く受けている。

音韻

 中央リナエスト諸語の音韻体系と同様に語頭・語中・語末で音声が変化する音韻体系を持ち、それらを制御する特殊文字と呼ばれる記号が併記される。  そのため、現代中央リナエスト語非母語話者の学習者にとって慣れが必要であるとされる。

文法

 現代中央リナエスト語には名詞には「ユシェカ」という母音交替があり、「総称形」、「特定形」、「部分形」と呼ばれる名詞形に派生する。これはある種の定性を担う文法要素である。  格は能格、絶対格、同格、指格、属格、前置格の6種類が認められる。また、やや古い現代中央リナエスト語には欠格が用いられている場合もある。名詞の格変化は不規則変化名詞を除いて語末が子音の「子音型」、語末が狭母音の「I型」、語末が広母音の「O型」の3種類がある。

関連記事

外部リンク

脚注