水器論

From 悠里包括Wiki
Revision as of 11:30, 6 February 2020 by Jekto.vatimeliju (talk | contribs) (「バート水器論」ともいうらしい)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

水器論とは、フェディア文化圏(主にバート)における法の哲学、または、法の哲学の欠如の正当化である。「水を取っておいて後で使うには水の移動範囲を制限するための容器がどうしても必要である。ゆえに我々はわざわざ容器を作る。同様に、人の容器である法がなくては人の集団を役立てることができない。ゆえに我々は法を作る。」などといった、法を液体格納用の容器に例える論である。「バート水器論」ともいう[1]

分類

  • 相互説 ― 法は民衆同士の関係を円滑に進めるためのものであるという論
  • 上意説 ― 法とは国家がその民を利用するためのものであるとする論
  • その他

批判

レシェール・ヴェンタフを参照せよ。

参考文献

この記事は書きかけです。