Difference between revisions of "東島通商語入門"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(カテゴリとか追加)
m (リンク)
 
Line 10: Line 10:
  
 
「東島通商語入門」は、東島通商語が社会的地位を得ていく中で、それの基準となるべく初めて編纂された教科書である。**、また文章全体を通して東島通商語がリパライン語と大きく異なる言語であることを強く宣言する姿勢となっている。
 
「東島通商語入門」は、東島通商語が社会的地位を得ていく中で、それの基準となるべく初めて編纂された教科書である。**、また文章全体を通して東島通商語がリパライン語と大きく異なる言語であることを強く宣言する姿勢となっている。
 +
 +
== 外部リンク ==
 +
* [https://docs.google.com/document/d/1G-xhtlGl-TGrFH6kHixg5-LRZ6gBGifSe3NHLcFk8Ss/edit 東島通商語入門]
  
 
[[カテゴリ:ファイクレオネの文化]] [[カテゴリ:言語学習]]
 
[[カテゴリ:ファイクレオネの文化]] [[カテゴリ:言語学習]]
  
 
{{template:スタブ}}
 
{{template:スタブ}}

Latest revision as of 23:23, 19 July 2018

東島通商語入門(原題: 「ペメセペ=ルクップを学ぶ人の為の書」、東島通商語:jo lijuit kije pemecepe lukup leti lata leti kulante)は、東諸島共和国連合議会によって編纂されたファイクレオネでの初めての東島通商語の教科書、または、 針谷 諒太(falira.lyjotafis)・益当 和智(jekto.vatimeliju) によるそれの日本語への翻訳版である。


概要

「崩れたリパライン語」や「恨めしい言語」などと呼ばれ蔑まれたこの言語も、今や連合の言語と呼ばれ、連合議会でも通用するまでとなった。しかしながら、その過去の不遇な扱いもあいまって、現状ではその需要に釣り合う質の教科書が無く、未だに東島通商語がラネーメ流にリパライン語を発音しただけの言語だと誤解されることさえあるという状況である。そこで本議会は一定の基準としてこの教科書を制作し、当言語によって連合の民の結束をより強固にし、これがますます発展することをを祈念する。
— 東島通商語入門 序文

「東島通商語入門」は、東島通商語が社会的地位を得ていく中で、それの基準となるべく初めて編纂された教科書である。**、また文章全体を通して東島通商語がリパライン語と大きく異なる言語であることを強く宣言する姿勢となっている。

外部リンク

この記事は書きかけです。