Difference between revisions of "悠里思想家を知るための一覧"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(『教法学的社会主義とその理論』、読まれるべきであるということが知られている)
m
Line 18: Line 18:
 
#[https://drive.google.com/file/d/1KoUSITiubKw2BypG0uSqa_PpiK5ONNg_/view 優しい正しいイェスカ主義]:ユエスレオネ革命の大雑把な流れとイェスカ主義の綱領ともいえる「ファールリューディア宣言」の簡単な解説
 
#[https://drive.google.com/file/d/1KoUSITiubKw2BypG0uSqa_PpiK5ONNg_/view 優しい正しいイェスカ主義]:ユエスレオネ革命の大雑把な流れとイェスカ主義の綱領ともいえる「ファールリューディア宣言」の簡単な解説
 
#[https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl/dyin-ales-poltdzarl-elm/sns3 サニス第三条約]:第四部に人権に関する考え方があるので読むべき
 
#[https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl/dyin-ales-poltdzarl-elm/sns3 サニス第三条約]:第四部に人権に関する考え方があるので読むべき
#
+
#[https://docs.google.com/document/d/1ktsopvqwr7IbTkLfvRc5spF5VOjV2Rh0EUQ2VQbtioY/edit?usp=drivesdk 教法学的社会主義とその理論]:イェスカ主義における「革命」概念についてイェスカ自身が論じた文献。非常に難解だが本格的にイェスカ主義を学ぼうとするならば避けて通れないこともまた事実である。
[https://docs.google.com/document/d/1ktsopvqwr7IbTkLfvRc5spF5VOjV2Rh0EUQ2VQbtioY/edit?usp=drivesdk 教法学的社会主義とその理論]:イェスカ主義における「革命」概念についてイェスカ自身が論じた文献。非常に難解だが本格的にイェスカ主義を学ぼうとするならば避けて通れないこともまた事実である。
 
  
 
== レクタール・ド・シャーシュ(リーサ・カクザ) ==
 
== レクタール・ド・シャーシュ(リーサ・カクザ) ==

Revision as of 14:31, 3 May 2020

本項では、悠里思想家を知るために必要な段階的な読書案内を紹介する。

レシェール・ヴェンタフ

以下の文献を上から順に読むとよい。

  1. レシェール・ヴェンタフの日常……レシェール・ヴェンタフという人物の雰囲気を知るために。後の資料を読んだ後に読み直してどれくらい理解できたかを再確認することもできる。
  2. レシェール・ヴェンタフとは何であるか、あるいは何であるとされてきたか……第三回架空言語・架空地図学会で発表された事前知識がない人のために作られたスライド。悠里の世界設定をある程度知っている人にとっては分かりやすいが、いきなりこれを読むのは辛い。
  3. レシェール・ヴェンタフ……人物としてのレシェール・ヴェンタフの概説。
  4. 包括wikiのレヴェン関連の記事……ここまで来ると読んでいくしか無い。
  5. levenのgithub……細かいレヴェンの設定が集積されている。ここまでくればレヴェン創作に参加することもできそうだ。

ターフ・ヴィール・イェスカ

  1. 異世界転生したけど日本語が通じなかった:大体の雰囲気を知るために。二部に登場する。しかし、一部史実と異なる描写があるので注意
  2. 悠里総合サイト Tarf virl jeska:イェスカという人物について。ここまではついてこれるはず。
  3. 優しい正しいイェスカ主義:ユエスレオネ革命の大雑把な流れとイェスカ主義の綱領ともいえる「ファールリューディア宣言」の簡単な解説
  4. サニス第三条約:第四部に人権に関する考え方があるので読むべき
  5. 教法学的社会主義とその理論:イェスカ主義における「革命」概念についてイェスカ自身が論じた文献。非常に難解だが本格的にイェスカ主義を学ぼうとするならば避けて通れないこともまた事実である。

レクタール・ド・シャーシュ(リーサ・カクザ)

  1. 4.3.2. ラネーメ族間言語対立と言語保護論・保護言語不在論の対立……リーサ・カクザの言語政策への主要な影響と前後の流れが見て取れる。
  2. リーサ・カクザ(リパラオネ倉庫)……言語政策のみならず全体が見て取れる。
  3. シャーシュ学派……リーサ・カクザの後継者が見られる。