悠里小説

From 悠里包括Wiki
Revision as of 19:31, 1 September 2018 by Fafs (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

悠里小説とは悠里を題材に制作された小説のことである。

概要

悠里小説は悠里を題材として書かれた小説である。悠里界隈におけるその先駆けは2014年におけるFafs falira sashimiとskarsna haltxeafis klanによるKranteerl y io xalであるとされている。悠里初の長編小説を確認したKPHT=YYはこの後にはふりの書を執筆、fafsはxalの続編となるKranteerl y io kladi'aを執筆し、悠里における小説という創作が定着してゆくことになった。悠里文学は、Kranteerl y io xalを最初として悠里勢の文学的表現の核心たる人工言語と世界設定に発達してきた。これはつまり、人工言語や世界設定の描写と非常に密接な関係を持ち、それでもって悠里が閉鎖的なコミュニティであった時代からの発達過程を経て、現在の様式に達したと一般的には考えられている。

典型

悠里文学の典型は、「死」を中心とした作品の打ち止め方にある。これは悠里作品を初期に書いていたメンバーが登場人物の死を好んだ結果とされている。他にも悠里の反俗主義的思想が悠里文学批評的観点にはあるために悠里文学の観点からはライトノベル的なものは高く評価されない。しかしながら、2017年を基とする2020年問題などによるコンテンツ論の高まりなどによって、異世界転生したけど日本語が通じなかったなどの作品が書かれるようになり、その価値も評価されるようになった。悠里文学の典型としては以下のようなものがある。ただし、新しい作品においてこれらが踏襲されるとは限らない。

文字数主義

元は悠里勢が小説を投稿していたハーメルンの最低字数1000字に由来しており、各自悠里勢が文字数を競い合った時代があったことから一定時期に文字数が多い小説が評価される傾向にある。ただし、第七世代以降この傾向は薄くなっている。

「死」の強調

Kranteerl y io xalにおけるキャラクターの死が多かったことから悠里小説ではキャラクターが主要な人物でもよく死亡する。

物語のテンションの低さ

悠里小説は全体的にその全体的なテンションの低さに特徴を持つ。恋愛描写などが少なく、戦闘や口論、怨恨の会話などの割合が多く。裏には陰謀がある。

登場人物の伝統的な役目の固定

自殺枠、リファーリン枠など過去の作品群、特にKranteerlシリーズのキャラクターを類型として当てはめる傾向がある。例としてはKranteerl y io xalに登場したレシェール・ラヴュールは作中で何回も自殺を行ったために、ラヴュールという名前が自殺の象徴とされる。

世代

第一世代(2014/5/3~2014/10/13)

第一世代は悠里小説創作における最初期である。書き始めのKranteerl y io xalがfafs falira sashimiとskarsna haltxeafis klanの個人的なメールでのリレー小説であったようにその形式を基本的に継いでおり、雰囲気も長編を固い雰囲気で長ったらしく書こうとするのではなく小さいお話をリレー的に回しながら書き続け内輪で楽しもうとするものであった。
  • Kranteerl y io xal
  • リパコールさんの日常
  • それ殺れ、ユエスパンマン


第二世代(2014/10/08~2015/01/07)

悠里小説的には長編小説であったKranteerl y io xalに感銘を受けたKPHT=YYがはふりの書を書き始め、fafsがkranteerl y io xalの続編であるkladi'aを書き始めた。fafsが小説投稿サイトであるハーメルンに投稿したため、サイトの最低文字制限である1000文字やxalが長編と見られその文字数が重要視されたことを元としてこれらは悠里小説における文字数主義の原因となった。悠里小説と共に悠里が興隆した初期であったために悠里世界としてのクロスオーバーやシェアワールドを前面に出した作風を特徴とする。
  • はふりの書
  • Kranteerl y io kladi'a


第三世代(2014/12/12~2015/10/18)

文字数主義などが薄れ、Kranteerlなどの続編が出てくる時期であるがKranteerlを悠里の中心的な小説シリーズとして据えていた時代を抜け出そうとする間の時代であり、dyinやlircaは第二世代などの世界線と異なるなどの設定でずれようとしたり、Kranteerlシリーズのスピンオフ短編などが好んで書かれた。
  • Kranteerl y io dyin
  • Kranteerl y io lirca
  • リファーリンの誕生日
  • 社長の婚活


第四世代(2016/01/07~2017/01/?)

中途半端であった第三世代が、fafsが提唱したテーマ小説企画によって解消された時代である。以後の悠里作品の基礎的風潮となるシリアス性や加害的要素が多く含まれており、いずれの作品も悲劇的な終わり方をしたり、シリアスで全体が灰色的な描写が多いことが特徴である。これらの風潮は第三世代で不安定だったdyinの日常的生活からデュイン戦争に巻き込まれ、人が大量に死んで行ったりするという急変がxalのエンディングの雰囲気を悠里的に普遍の作品風潮とする解釈から続くものであると捉えられる。
  • オーマング=アッタクテイ
  • 欺瞞走駆のテクタニアー
  • 覚悟と責任
  • アグリェフと刃


第五世代(2016/08/08~2017/08/23)

第四世代でのシリアス性・加害的要素が固定化する。fafsの作風においては主人公が自己卑下をすることが固定化され、kphtの作風においてはゴア的描写が効果的に利用されることが固定化した。悠里に新しい人員が比較的大量に流入し、悠里の未来性を悠里勢が支持していた時期に書かれた希望的作品である悠久たる郷里は悠里の源流であるリレー小説の要素を継承しているだけでなく、悠里で話題になった「魔法で世界一、目指します」の影響もみられる。
  • 悠久たる郷里にて
  • ある少女の占い
  • ラブレス・ワールド ― firlexer launsar ―


第七世代(2017/02/16~)

fafsの「異世界転生したけど日本語が通じなかった」に始まる異世界転生に対する揶揄的作品のテーマ小説群として発現した世代である。それまで悠里小説のネタ詰まり感を持っていたところに一つの爆発的テーマとして投げ込まれた異世界転生という話題によって発生した。セレン=アルバザードによる「紫苑の書」や「セレンの書」、セレニズムが専らこれに影響を与えており、異世界転生作品に対する悠里勢の反感を反映した世代と言える。


第八世代(2018/08/29~)

新規参入した悠里勢や「異世界転生したけど日本語が通じなかった」によってリパライン語に興味を持ったユーザーによって悠里小説が幾つか作られ始める。既存の悠里小説とは方向性が異なるものが多い。

小説本編一覧

Kranteerlシリーズ(シャル系列)
Kranteerlシリーズ(シャル系列以外)
ハタ王国系
PMCF系
いせにほ系
その他