悠里世界の憲法

From 悠里包括Wiki
Revision as of 15:04, 20 January 2020 by Fafs (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

悠里世界の憲法では悠里世界における憲法と立憲主義について紹介する。

憲法の歴史

ファイクレオネ

アレス法制の時点で、民間の紛争解決を担当していた職業人を政府機構に組み込んだ民事法、国家の統治過程で発達した刑事法の区別は存在していた。アレス・フヅミによる紀元前4461年におけるフヅミ法典では基本法(理:Gylery'd sopit)、行政法(理:Febikaxten sopit)、裁判法(理:Flarska'd sopit)などで国家の仕組みや役割などを規定していた[1]。紀元前4465年においてファリアガード戦争の講和条約であるサーム条約が締結されたが、この条約によって国家の主権に対する意識が準備された[2]。南北帝政時代ではADLPが崩壊して以後、皇帝の主権が重視されたために国民の権利が著しく侵害された。しかし、800年には革命によって成立したラネーメ国が自国防衛に徹底する憲法を改定している。宗教戦争時代においては国が四散分立し、立憲主義的な政治も忘れられていたが、1400年におけるヴェフィス市民革命で成立したリパラオネ共和国では国民の権利を明記する立憲政治が推進され、立憲君主制が規定された。しかしながら、独立国家戦争時代においては度重なる戦争の中で、憲法は度々無視、改訂され、国家が国民の権利を制限しやすい状況になっていた[3]。19世紀の後半においては、レシェール・ヴェンタフなどの社会哲学者が法学の基礎付けを主張して進めた社会哲学から、近代立憲主義の思想が芽生えた。また、1979年のフィシャ・ステデラフによる「教法学的革命権の提唱」やターフ・ヴィール・イェスカの「教法学的社会主義の理論と実践」などから、国民主権や民主主義が再構成されて見直された。ユエスレオネ連邦の成立以降はリーサ・カクザなどによるシャーシュ学派の影響によって、言語に関する憲法記述も重視されるようになっている[4]

イニゾピトと大律

悠里世界憲法学では、国家の役割の規定と市民の権利の規定が同一文書に入る物をイニゾピト(理:inisopito)と呼び、入らないものを大律(牌:ma1 iak1)と呼び分ける[要出典]

各国の憲法

ユエスレオネ連邦憲法

ユエスレオネ連邦の憲法である。ユエスレオネ連邦憲法はピリフィアー暦2003年1月3日(修正理暦992年レナ月第一中曜日)にユエスレオネ共産党党首であり、連邦首相であるターフ・ヴィール・イェスカによって発布された[5]。「権利と自由、安全と公正、公平と平等」を最高尊厳(理:vasprard)と呼ぶなどの特徴がある[6]

共和国連合憲法

PMCF(東諸島共和国連合)の憲法である。第一章第五条には「連合以外の多国間の紛争に関し、特別急用のない限り、連合は中立の立場を取る」という中立条規があり中立憲法とも呼ばれる[7]

アイル共和国憲法

アイル共和国の憲法である。「大律」と総称され、国家体制を規定する「定官之律」と市民の権利を規定する「定民之律」と分化している[8]

ヴェフィス共和国憲法

ヴェフィス共和国の憲法である。立憲君主制を規定している[9]

脚注