Difference between revisions of "レヴェン統一党"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(記事を立てた)
 
m (理語正式名称を追加)
Line 1: Line 1:
'''レヴェン統一党'''とは2020年の[[第三回ユエスレオネ連邦・デュイン総合府統一議会選挙]]で登場し、[[ユエスレオネ国民党]]、[[ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派]]とともに連立与党となった政党である。その名の通り[[レヴェン思想]]の現実への[[反映(レヴェン学派)|「反映」]]を党理念の基礎に置いた政党である。
+
'''レヴェン統一党'''([[リパライン語]]: Levenera'it l'ixfant lertasal)とは2020年の[[第三回ユエスレオネ連邦・デュイン総合府統一議会選挙]]で登場し、[[ユエスレオネ国民党]]、[[ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派]]とともに連立与党となった政党である。その名の通り[[レヴェン思想]]の現実への[[反映(レヴェン学派)|「反映」]]を党理念の基礎に置いた政党である。
  
  

Revision as of 22:29, 29 February 2020

レヴェン統一党(リパライン語: Levenera'it l'ixfant lertasal)とは2020年の第三回ユエスレオネ連邦・デュイン総合府統一議会選挙で登場し、ユエスレオネ国民党ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派とともに連立与党となった政党である。その名の通りレヴェン思想の現実への「反映」を党理念の基礎に置いた政党である。


変遷

『レヴェン以降の法制理論の反映についての提言』

2015年に高名なレヴェン研究者・継承的レヴェン学派の研究者が連名で『レヴェン以降の法制理論の反映についての提言』を発表した。 これは当時の社会情勢からレヴェン学派の理念を反映することは今後困難を増していくだろうと予測する論文で、レヴェン学派を代表した政党の必要性を訴えるものである。

レヴェン統一大会

『提言』を契機にレヴェン学派を連邦政治の一大勢力として確立しようとする動きが高まり、翌2016年には第一回レヴェン統一大会が開かれる。これはレヴェン研究者やレヴェン学派のみならずレヴェン主義的な政治家や活動家も含めたレヴェン主義の反映に助力しようとする者に開かれた議論の場を与えるものである。ここで第三回ユエスレオネ連邦議会選挙に出馬し主力政党となることを目指すという基本方針が確認された。

その後何回か統一大会が行われ、2018年年末から2019年初頭にかけて開かれた第五回レヴェン統一大会では、党是として「圧政機構の永久撲滅」、具体的な主要政策として以下の項目を掲げることが決定された(上から優先度順)。

  • 不能性実現のための制度整備
  • 現行法の普遍化
  • 地方分権の推進
  • 政治リテラシー教育の改良
  • 段階的な直接民主制への移行
  • 民会助言者の教育要領の確立

これに対し強い不満を示した者が、レヴェン統一大会の指揮する政党に対抗する形でレヴェン主義政党を立てることとなる。統一大会側はこれを受け、党名を当時の有力案であった「レヴェン新党」から「レヴェン統一党」に変更することを決定、あくまで正当なレヴェン主義政党は自分たちであると主張する態度を示した。

第三回ユエスレオネ連邦・デュイン総合府統一議会選挙

レヴェン統一党はユエスレオネ国民党、ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派と共に連立政権を形成。与党となることに成功する。 これを受け選挙翌日から開始された第八回レヴェン統一大会では、国民党や新社会党の党方針の考察や連立政権内でのレヴェン統一党の行動方針について活発な議論が繰り広げられた。

レヴェン主義諸党の選挙結果

レヴェン主義を掲げた政党のうち議席を確保したものは皆無であった。統一大会に所属する活動家等による人海戦術的なイメージ戦略が成功したのが原因とされている。

レヴェン学派に与えた影響

それまでのレヴェン学派では例えば「圧政機構的法制が変化する過渡期はどれくらい圧政機構的か」などの、法制が変化する状況の考察はほとんど成されていなかったが、政策を議論する中で重要な問題として認識されるようになった。その流れの中で、レヴェン学派が支持してきた法制の形態は「理想的法制は時間の流れとともに変化してはならない」という誤った前提を課したときにのみ最善なのではないかという批判が登場した。なお、その批判的理論の発展によって撤回されうる主要政策は主に下の2つであると考えられ、党としてとる行動に影響が生じる段階に達する(その2つを主要な課題と見做して行動する段階になる)までには最低でも数十年かかると考えられている。