レヴェン学派

From 悠里包括Wiki
Revision as of 01:33, 29 February 2020 by まいさん (talk | contribs) (第四世代を生やした)
Jump to: navigation, search

レヴェン学派(リパライン語: levenen terselyr)とは、レヴェンの思想(特に後期レヴェン)を継承しそれを発展させようとする法学者・法哲学者の総称である。レヴェンの問題意識も受け継がれ、圧政機構に陥らない法制のあり方や、法の基礎付けに対する研究が盛んである。

概要

前期レヴェン思想、特に不能性理論は(教法学者などはともかく)法学者・法哲学者の間では受け入られ、近代法学の基礎となった。しかし、後期レヴェン思想については、既存の法学を棄却しようとする徹底した試みの甚だしさゆえに法学者・法哲学者に限ってもその評価は二分していた。その中でレヴェンを評価していた者がレヴェン学派の起源となった。このレヴェンの研究の分析とその動機の解明を主な仕事としたレヴェン学派を第零世代(リパライン語: la ieselte sliejs)と呼ぶ。その後、レヴェン学派は世代を重ねるにつれ、問題ごとに分裂し多様性を増してきた。

世代

上でも述べたようにレヴェン思想は世代ごとに大きく特徴が異なる。この節ではその特徴を概観する。

第零世代

レヴェンの死亡した1887年から、レヴェン研究の金字塔といわれる伝記『レヴェン その人間と思想』が発表された1912年までの期間を指す。多岐にわたる複雑なレヴェンの議論やそれを生み出すきっかけとなった事象をレヴェン史の観点から中立的に分析し、後世のレヴェン学派の研究やレヴェン批判のための環境を整えることを目的とした世代といえる。

第一世代

1912年から論文『普遍主義批判』が発表された1948年までの期間を指す。レヴェンの示した研究の方向性を深めた世代である。『普遍主義批判』は、普遍主義を「文化的圧政機構の発生を恐れるあまりの日和見主義」であり「その必要性は明白」だが「かえって社会の軋轢を生む要因になりうる」と批判する論文で、後の分離派に連なる系譜に属する。良くも悪くもレヴェンの思想を単純に深めようとすることの限界が現れた論文である。

第二世代

1948年から書籍『法学基礎論』が出版された1992年までの期間を指す。『法学基礎論』は法学の倫理的・社会的権威の基礎付けや法制に対する不能性理論的な制限についての原理を分析したもので、レヴェンの問題意識や分析手法を受け継ぎながらも、具体的なレヴェン思想から離れようとした第二世代の記念碑的書籍である。これをもって、この"脱レヴェン"とでも呼ぶべき試みが成功したと見做し第二世代の終わりと扱うことが多い。

第三世代

1992年からレヴェン統一党が連立与党となった2020年までの期間を指す。エルフ熱の発生やユエスレオネ連邦の成立、社会主義革命など人類史を大きく塗り替えるような事態が連続し社会情勢が不安定になる中、それまで法学・法哲学の中で完結していたレヴェン学派の動きが、社会問題に対する言及・考察や連邦などの権力組織に対する批判として外部に現れる世代である。このような動きが発生した理由として『レヴェン その人間と思想』においてレヴェン思想の根幹とされた反戦・反差別思想がレヴェン学派の中で強く周知されていたことが挙げられる。この世代は具体的な問題がよく扱われるため、レヴェン学派の多様化が加速した。しかしながら、レヴェン統一党がレヴェン学派の中である種「正統」な立場を示す役割を果たすようになったことから、この「拡散」の流れは第四世代では「レヴェン学派と非レヴェン学派の境界の曖昧化」と認識されるようになる。

第四世代

2020年以降の期間を指す。レヴェン学派が実際の政治に携わるようになる世代である。

出典

  • レシェール・ヴェンタフ - リパライン倉庫 [[1]]
  • レヴェンに関するGitHubリポジトリ [[2]]