Difference between revisions of "リパラオネ料理"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
m (概要)
m
 
Line 1: Line 1:
'''リパラオネ料理'''(理:<span class="cirlipa">lipalain jujoj</span>)は[[リパラオネ人]]の料理体系。リパラオネ人はファイクレオネ中に広くあり、昔から海外の食文化に寛容であったため様々な外国の食文化の影響を受けて形成されている。
+
'''リパラオネ料理'''(理:<span class="cirlipa">lipalain jujoj</span>)は[[リパラオネ人]]の料理体系。リパラオネ人はファイクレオネ中に広く居住し、昔から海外の食文化に寛容であったため様々な外国の食文化の影響を受けて形成されている。
  
 
__TOC__
 
__TOC__

Latest revision as of 01:05, 4 June 2020

リパラオネ料理(理:lipalain jujoj)はリパラオネ人の料理体系。リパラオネ人はファイクレオネ中に広く居住し、昔から海外の食文化に寛容であったため様々な外国の食文化の影響を受けて形成されている。

概要

リパラオネ人の主食はこれといって的確に述べることが出来ない。リパラオネ人が広く所在しており、ところによって米食、パン食、麺食、肉食などに分かれたからである。ラネーメ王朝とリナエスト帝国の統治下に置かれたリパラオネ人は異民族の料理を旺盛に取り入れ、またリパラオネ人社会では独自の料理が発達した。
一般的に一日のリパラオネ人の伝統的な食事の回数はリーイプ(ririp)、リーノス(rirnos)、ノストゥス(nostus)、ケズイ(kesuj)、ノスカ(noska)、へスカ(heska)の六回であるとされているが、現実的には一日3~4食が平均的となっているとされる。また、リパラオネ教徒は一週間に一回フィアンシャに行く際にヴェルバーレ(velbarle)と呼ばれる食事をする場合もある。
「リパラオネ人は甘いものが好き」というのはよく知られたステレオタイプであるが、国際化が進むユエスレオネではリパラオネ人の間に辛味ブームが起こるようにもなっている。

食事のマナー

食べ方

  • 食器に口をつけてスープを飲むのはマナー違反である[1]
  • 両手を使って食べることは避けられるべきである。
  • 直接手を使って食べることは避けられるべきである。

[2]

席次・年功序列的マナー

幾らかの年功序列的マナーも存在するが、ユエスレオネ革命以降は公には守られていない。

  • 同席している最年長者が食べ始めるまで、食事を口にしてはいけない。
  • トイレ以外では、最年長者が立つまで立つことは避けられるべきである。
  • 公な食事/外食では布手袋が用意されるのでこれを付けなければならない。
  • 使っていないフォーク、スプーンは、専用の小さい皿に先の凸部を上にして置く。対照の人物が年上である場合皿は手前側に、年下・同年である場合は奥側に置く。

[3]

外食でのマナー

  • 外食では落としたフォーク、スプーンは自分で拾わずに従業員に拾わせる、自分で拾う者は卑しいと周りから思われるからとされている。パーティーなどではこの限りではない。
  • 支払いはボーイを呼んでレシートフォルダを持ってこさせて、そのフォルダに会計を挟んでテーブルの端に置く。ボーイはそれを取って会計を行い、お釣りなどをフォルダに挟んで返す。

[4]

料理

前菜・副菜

牛肉入りのスーイバイモーベーン
ペーターラージッテン・スーイバイモーベーン
名前 説明
スーイバイモーベーン
Curibajmorbern
アイル料理から輸入された。ショーラ片で出汁をとり、胡椒、茸や筍などの山菜を入れて作られる汁物。
ペーターラージッテン・スーイバイモーベーン
la phertarrarsiten curibajmorbern
アイル料理から輸入された。獣肉と野菜を油、唐辛子味噌と甘味噌、種々のスパイス(山椒、八角、シナモンなど)で炒めた後に水を加え、削り節ときのこを加えて煮る。その後塩と魚醤で味を整える。リパラオネ人の文化や口に合わせるため、本場とは異なり酒は抜かれ、辛味は抑えられている。
ポートヴィータシュ
portvirtax
PMCF沿岸に住む、馬形のモンスターの一種に塩、胡椒、香料になじませて油漬けにしたもの。そのまま食べても美味であるが、麺類の具にすることもある。
スッサデシュ
cuscadex
どんぐりの澱粉を団子やういろう状に加工したもの、炒め物や汁物に加えられる。
ヴローレアート
vrorleart
ひよこ豆や落花生を茹でて、塩コショウで味付けしたもの。他の香料やレモン・ライム汁が加えられたり、紫玉ねぎや胡瓜のような野菜を加える場合もある。

メイン

名前 説明
サウンシピャ・ユープラ
Caunxipia yrpla
リナエスト料理のユープラがリパラオネで独自に発展したもの。フラットブレッドにソースを絡めた肉を挟んだものである。ソースはウォルツィリウージェやヴァルカーザの実のような甘酸っぱくさっぱりしたソースからヴランジェターネなどの油脂ベースの重めのソースまで幅は広い。
雑穀粥
erben tostamine
雑穀のお粥。朝食などで一般的に食される。

菓子

甘い菓子

バネアート
ネストニータ
名前 説明
バネアート
Baneart
banerdexの果肉を、バネーザヴァフ(banersavakh)し、粉砕して黒糖や塩などを加えて練ったもの。紀元前5000年代から食されており、スキュリオーティエ叙事詩においても記述が存在する。スキュリオーティエ時代においては家族が死んだときに家族を集めて弔う儀式を行うときに家族を待つ間に供されるものとして人の死などを間接的に表した。現代ではリパラオネ圏一般ではそのような意味を持たないため一般的に食される。適度に潰して粒を残した粒入りバネアート(つぶあん, anfilen baneart)と完全に潰したなめらかなバネアート(こしあん, colen baneart)が存在するが、日本のように好みでの対立は無くそれぞれ料理によって合う合わないが存在するという認識が強い。
ネストニータ
nestnirta
リウスニータを作ろうとしたら加熱しすぎて、偶然に薄い飲み物と固体ができたことに由来する。リウスニータの副産物の固形物である。煮詰めて沸騰させるとできる。ただ、この固形物はとても美味であり、プリンとか茶碗蒸しに匹敵するほどの美味しさと言われる。プリンと茶碗蒸しとスクランブルエッグの中間みたいな食感であり、硬めの茶碗蒸しのような味がする。
ウォルツァスカ
woltsaska
リナエスト料理から輸入された。ヴァルカーザの果汁を砂糖とゼラチンで固めたもので、グミより柔らかい。甘酸っぱく口の中でとろける常温のお菓子。ただし溶けることがあるので、多くの場合オブラートに包んである。リカリア製菓(likali'a)によって「スールウォリンのウォルツァスカ」(Curlwoline'd woltsaska)がphil.2005年に発売されてからユエスレオネでは国民的な菓子となっている。四代目首相であるターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユの名前の語源としても有名。
ニスティッラダウ
nistilladau
脂苺(ladawi'um)の実を低音で煮て、塩と蜂蜜に漬けたもの。
バネトレフ
(banetref
どんぐりで作られた水飴のこと。
フラトリー
(fratrir
ユターシェ、バネトレフ、デーツシロップを混ぜた飴。スキュリオーティエ時代のヴィシュネフラーグ医学におけるナヴギーフの一つとして保存性がある薬や甘味調味料として使われたのが由来である。独特の清涼感と張り付くような甘さ、素朴な風味があり、リパラオネ人の中には好んでいる者も多い。体にいいと一般的に言われているものの医学的根拠は不明である。誕生日に食べると不幸になる、屋根の上に投げると雨が降るという迷信が存在している。

飲料

乳製品

リウスニータ
名前 説明
リウスニータ
(li'usnirta
全卵(卵黄のみの場合もある)と蜂蜜と牛乳を弱火にかけてとろみを出したものにバニラエッセンス、シナモン、カルダモン、アニスシードを加えて濾す。家庭でリウスニータを作るためバニラエッセンス、シナモン、カルダモン、アニスシードのエッセンス(fefelera)がスーパーでは売られている。生姜を加えるなど地域によって様々な変り種がある。
バスパック
(baspak
市販のスポーツ飲料。元々革命直後に政府によって開発されたものであり、医学的見地で必要な職業区分に支給されていた。
ユターシェ
(jutarxe
白樺の樹液。

脚注