Difference between revisions of "リパラオネ文学"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(参考リンク)
(詩形・文体の追加)
Line 14: Line 14:
 
1530年にエスポーノ・ドーハによってスキュリオーティエ叙事詩が発掘・翻訳されるとそれまでの革新的文学発展に対立する形で韻詩文復興運動が起こってくる。ここでは丁度独立国家戦争という時代において言語ナショナリズムを求めて古典への回帰が起こった。大規模な戦争とナショナリズムの時代を通して韻文は古典の地位を得て、その上に立つ冒険文学や古典的ファンタジージャンルとしてのヴェーリェストライジア(<span class="cirlipa">verliestraisi'a</span>)、スキュルストライジア(理:<span class="cirlipa">skylstraisi'a</span>)などの散文が文学の主流へと移行していった。これが'''散文文学の時代'''である。20世紀に至るとデュインやカラムディアとの邂逅を元にしたワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学、復興運動に対立する詩文自由運動、自由運動に対立する新保守主義教法学、そしてユエスレオネ革命を起点としてイェスカ哲学から発展した労働詩・労働文学などの独創的な文学が発達した。
 
1530年にエスポーノ・ドーハによってスキュリオーティエ叙事詩が発掘・翻訳されるとそれまでの革新的文学発展に対立する形で韻詩文復興運動が起こってくる。ここでは丁度独立国家戦争という時代において言語ナショナリズムを求めて古典への回帰が起こった。大規模な戦争とナショナリズムの時代を通して韻文は古典の地位を得て、その上に立つ冒険文学や古典的ファンタジージャンルとしてのヴェーリェストライジア(<span class="cirlipa">verliestraisi'a</span>)、スキュルストライジア(理:<span class="cirlipa">skylstraisi'a</span>)などの散文が文学の主流へと移行していった。これが'''散文文学の時代'''である。20世紀に至るとデュインやカラムディアとの邂逅を元にしたワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学、復興運動に対立する詩文自由運動、自由運動に対立する新保守主義教法学、そしてユエスレオネ革命を起点としてイェスカ哲学から発展した労働詩・労働文学などの独創的な文学が発達した。
  
== リパラオネ文学の歴史 ==
+
== 詩形・文体 ==
 +
 
 +
== 歴史 ==
 
===フレンティア時代(~MPhil.1999) ===
 
===フレンティア時代(~MPhil.1999) ===
 
重要な文学:ファシャグノタール、アンポールネム
 
重要な文学:ファシャグノタール、アンポールネム

Revision as of 00:42, 27 June 2020

リパラオネ文学とは文芸のジャンルの一つである。

概要

リパラオネ文学の定義は多様であり、リパラオネ人が書いた文芸、或いはリパラオネ人以外が書いたリパライン語を指すとされている。言語は現代標準リパライン語に限らないが、文学的な規範として現代標準リパライン語に連なる史的リパライン語(理:jorupunasch lineparine)で書かれた文学が中心として語られることが多い。

リパラオネ文学は大きく分けで三つの段階に分かれるとされる。それはフレンティア時代からラートード時代までの韻文文学の時代(ドゥーシェーニル、durxeenil)、エスタール時代からイフトーン時代前期までの韻散文学の時代(セスティニル、cestinil)、イフトーン時代後期以降の散文文学の時代(ロスクヴェッリヴィル、loskvellivil)である。

リパラオネ人にはラネーメ王朝時代からの長い韻文の伝統があり、初期は伝統文語や燐字文、ヴェフィス語などで韻文が書かれた。ラネーメ王朝が崩壊するとアリテによるスキュリオーティエ叙事詩が完成し、以降はこれがリパライン語韻文の規範とされた。ラネーメ王朝の崩壊以降、ケートニアーは武人として騎士の地位に付き外政を担い、ネートニアーは文化と内政を担うようなヴォルシ[1]が発達した。このため中世にはネートニアー貴族を中心とした詩学院(理:klorme)で韻文による文学が発達した[2][3]。中世のクローマの詩人たちは貴族や支配者に対して伝統的な叙事詩を語ったり、彼らの武勲詩や頌歌を作ることで保護を受けるようになっていた[4]。これが韻文文学の時代である。

エスタール時代に入るとパイグ人技術者である小雪(ni1 lei1)によって木版印刷が活発になり、印刷出版物が出回るようになった。出版物の増加はそれまでの詩学院などの著作者社会と繋がって、新たな著作スタイルを生み出すようになっていった。新たな著作スタイルとして広まった詩と散文を挟むスニーオーヴェイノ(理:snirorveino)は韻散文学の時代を担う重大な形式としてリパライン語文学の伝統を受け継いでいった。それまで散文の芸術性を聖なる文章である教典のみに許されたものだとして、世俗文学の芸術性を韻文に求めた文学が印刷技術の進歩やサルシュナース文化、そして近代ヴェフィス市民革命が起こした巨大な社会文化変革によって大きく変革を遂げる時代であった。

1530年にエスポーノ・ドーハによってスキュリオーティエ叙事詩が発掘・翻訳されるとそれまでの革新的文学発展に対立する形で韻詩文復興運動が起こってくる。ここでは丁度独立国家戦争という時代において言語ナショナリズムを求めて古典への回帰が起こった。大規模な戦争とナショナリズムの時代を通して韻文は古典の地位を得て、その上に立つ冒険文学や古典的ファンタジージャンルとしてのヴェーリェストライジア(verliestraisi'a)、スキュルストライジア(理:skylstraisi'a)などの散文が文学の主流へと移行していった。これが散文文学の時代である。20世紀に至るとデュインやカラムディアとの邂逅を元にしたワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学、復興運動に対立する詩文自由運動、自由運動に対立する新保守主義教法学、そしてユエスレオネ革命を起点としてイェスカ哲学から発展した労働詩・労働文学などの独創的な文学が発達した。

詩形・文体

歴史

フレンティア時代(~MPhil.1999)

重要な文学:ファシャグノタール、アンポールネム
この時代に書かれた文学の内で現在まで残っているものはリパラオネ教の経典であるファシャグノタール及びアンポールネムを除き少なく、宗教的文典が主になる。

アドルプド時代(MPhil.1998~Phil.559)

重要な文学:スキュリオーティエ叙事詩、教法学
スキュリオーティエ叙事詩は、リパライン文学にこの時代大きな影響を与えることとなる。スキュリオーティエ詩形による韻文が大量に書かれるようになる。英雄叙事詩的文学が中心の時代であるとされている。また、スキュリオーティエ叙事詩による統一民話の成立もこの時期である。

ラートード時代(Phil.560~Phil.800)

重要な文学:アレス学派的教法学、英雄反動文学、ヴェーリェストライジア(verliestraisi'a)、クローメーア(klormera)
英雄反動文学は前の時期までの保守的な時代を飛び出して、アレス学派という新しい考え方が生まれた結果、それまでの英雄叙事詩的、宗教的な文学の反動として流行した。水色の悲劇(Varn la flen)や英雄妄想譚などがある。前者の水色は涙を指し、重苦しく破滅的帰結に至る文学を指す。後者は自身を英雄叙事詩に登場する英雄だとするものとして進む滑稽な物語である。 ヴェーリェストライジアはそれまでの形式的に凝り固まった詩の形式に反発して興った叙情詩の形式でラネーメ詩の形式を取り入れ、内容も恋愛を詠ったものが多い。 クローメーア(詩学院主義)はすキュリオーティエ叙事詩について学び、詩を紡ぐ詩学院(クローメ)で発達した式調高い詩の潮流である。これらは貴族階級のパトロンに保護されるようになった[5]

エスタール時代(Phil.801~Phil.1496)

重要な文学:スニーオーヴェイノ(snirorveino)、西方記、サルシュナース文学、パイグ人陰謀説、フロンティア文学、燐詩主義(リンドゥーシェ)
スニーオーヴェイノは詩と散文を挟む文学スタイルのことである。この時代までリパラオネ文学は主に韻文によるものしか無かったが、スニーオーヴェイノが発達することによって散文文学の時代が始まる。スニーオーヴェイノが発達したのは活版印刷による出版の流行に強く関係している。 ラートード時代とは裏腹にアイル人やパイグ人の様子を描いた西方記などをはじめに始まったサルシュナース文化が興ることになるこれを元に精神的フロンティアに対する文学が流行ることになった。重苦しい水色の悲劇に対する反動と考えられている。 燐詩主義はラネーメの定形音節数詩に影響を受けた、もしくはその形式をそのままリパライン語に転用した形の詩である。クローメーアに影響を受けた頌歌が幾らか発達した。

  • 『西方記』(小説, phil.811, イェクト・ユピュイーデャ)

イフトーン時代前期(Phil.1497~Phil.1700年代)

重要な文学:韻詩文復興運動、フィメノーウル的教法文学
スキュリオーティエ叙事詩を元とする伝統的な韻文のリバイバルである韻詩文復興運動が始まる。エスタール時代の文学に対する更なる反動としての保守的運動であるが、サルシュナース文学から発達、変化したフィメノーウル的教法文学も興っていた。

イフトーン時代後期(Phil.1700年代~Phil.1999)

重要な文学:スカメイ文学、スキュルストライジア(skylstraisi'a)
伝統的文学運動を受け継ぎ、その上に異質のスカメイ伝説をモチーフにした冒険文学が流行した。スキュリーストライジアはスキュリオーティエ叙事詩とヴェーリェストライジアが重なったフロンティア・冒険・恋愛・ヴェフイサイトへのロマンの四種を兼ね備えた文学ジャンルである。

エフトーン時代(Phil.2000~Phil.2012)

共和制ユエスレオネ時代(Phil.2000~Phil.2002)

第一次社会主義時代(Phil.2003~Phil.2004)

重要な文学:ワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学(Krantierlyr fon la waxundeen-dusnijrakrantien)、詩文自由運動、新保守主義教法学、労働詩・労働文学。
社会主義政権の成立などによって、この支配的な韻律・音数から脱却する詩文自由運動が新世代の詩人たちの主流となることになる。ワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学は主に異世界文化との接触をモチーフとした小説の風潮である。フィメノーウル的教法文学への反動として新保守主義教法学が流行する。また、社会主義政権の成立により、労働詩・労働文学の創作も大量になされた。

  • 『ハットイ人の逆襲』(小説, phil.2004, ジルコディスナル・ガイリフィヤ)
  • 『革命序説』(小説, phil.2004, ターフ・ヴィール・イェスカ)
  • 『蒼旗を掲げよ』(映画, phil.2003, ターフ・セレズィヤ)

第二次社会主義時代(Phil.2005~Phil.2013)

重要な文学:レスバスカラスタン運動、再解釈主義教法文学
デュイン戦争後のハタ王国との交流を経て、ユーゲ人の言語であるユーゴック語文学へのフロンティア的精神による文学的模倣であるレスバスカラスタン運動は2010年のデュイン・アレス独立戦争へのハタ王国の参加やハタ王国からの多くの出稼ぎ労働者、宗教家、事業者の流入によるユエスレオネでの公での芸術活動の変革により、詩文自由主義に沿っていることもあり、急速にリパラオネ人・ラネーメ人のリパライン語韻詩文創作者の間に広がった。再解釈主義教法文学は新保守主義教法学の流行による古典文学の再解釈的文学である。

  • 『容疑者』(映画, phil.2004, ターフ・F・リファーリン)
  • 『人を殺すフォント』(小説, phil.2005, シャール・KN・レーカ)
  • 『ユエスレオネ・ブルー、そしてハタ・ルージュ』(思想書, ?)

イスクトーン時代(Phil.2013~Phil.2052)

重要な文学:悠里国際的青年文学、国家懐疑主義
リナエスト内戦、ファルトクノア紛争に続く連続的な本土外での紛争とそれに関係する連邦軍の動き、連邦の肥大化と政治力の反映による社会的不安は国家懐疑主義として現れた。対して自由化した国際的な青年文学は時代を反映して、安定化したものとして悠里国際的青年文学として成立した。これはワシュンデーン・ドゥスニイラクランテェン文学や国内のみならず国際的な連邦やケートニアーに対する理想主義を強く反映しているとされた。

文学批評

リパラオネ文学における文学批評はスキュリオーティエ叙事詩に遡る。アリテはスキュリオーティエ叙事詩が生まれた際のリパライン語を重要視して、文学語として文法をまとめている[6]。中世においてもクローメを中心により良い文学スタイルについての議論が活発に行われた。地域のユナ語と古典リパライン語を混ぜ合わせた地方ごとの初期スタイル「フェガーダル」はクローメを通して広く世界に広まった[7]。近代以降、韻文の古典化と思想の発展を通して社会的思想を通して文学を理解しようとする文学批評の傾向が生まれた。

特筆すべきは詩学の形式主義・創造主義論争(理:asvielm fon durxeen celavera ad lojera)である。リパラオネ人の言語ナショナリズムを牽引してきたスカートゥ主義者達は詩の形式は文学者の表現力や感情、伝達の内に最適化されたものであるとする創造主義を支持したのに対して、革新チャショーテ系の人間は詩は言語に形式を課すことによって文学的価値を生み出していったとする形式主義を支持した。特に言語権の提唱で有名なレクタール・ド・シャーシュは詩は言語表現に形式を課すことによって言語表現が修辞的表現を得て更に文学的な価値を得て前進するという見方を支持しており、その先にその価値を利用して散文が生み出されるとする「詩の唯物史観」を提唱している[8]

また、現代では移民や別ウェルフィセルとの邂逅から文学的フロンティア精神によって生まれた文学的模倣であるレスバスカラスタン運動はユーゲ人やトイター教的世界観への憧れやファンタジー精神、共産主義社会からの境界への理想を映し出したエキゾチック文学運動として生まれた。新たな社会構造との邂逅に好奇心を踊らせるユエスレオネ人たちはこのような文学を好み、また文学者たちも新たな文学の可能性に踏み出せるこの運動に関わっていったが、これはさらなる議論を生んだ。

レスバスカラスタン運動批判の先鋒である言語思想家のフィシャ・ユミリアは、ピリフィアー歴2010年にユエスレオネの言語政策が多言語文化を受け入れる土壌を育て、レスバスカラスタン運動のように表出したがこれは共産主義ユエスレオネ時代の社会構造との境界から現実のルートを通って架空の理想郷を描き出しているものであるとし、このような架空の理想郷があたかも現実のハタ王国やユーゲ人、ユーゴック語文学やトイター教的価値観を綿密に表したわけでもないのにも関わらず、そういった理解が蔓延することで彼我への偏見が固着することを非難している[9]

参考リンク

脚注