Difference between revisions of "リパラオネ人"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
m (呼称)
(身体的特徴)
(One intermediate revision by the same user not shown)
Line 21: Line 21:
 
=== 白銀の民 ===
 
=== 白銀の民 ===
 
リパラオネ人の雅名として"flanadnyrnier"「白銀の民」という物がある。
 
リパラオネ人の雅名として"flanadnyrnier"「白銀の民」という物がある。
 +
== リパラオネ人の形成 ==
 +
[[file:lipalainedir.jpg|thumb|リパラオネ人の発祥とされるクレオス地方の湖<ref>[https://sites.google.com/site/3tvalineparine/chiri/a 【人工言語】リパライン語 - 地理]</ref>]]
 +
リパラオネ人はラネーメ王朝から見て西側の大きい湖の周辺で生まれたと考えられている。この集団の一部はは後に東方へ移動してファイクレオネ最古の文明であるカーイハエ文明をピリフィアー暦紀元前5148年頃に打ち立てたとされる<ref>[https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl/mp/karihae-dunalikafiady リパライン倉庫 - カーイハエ文明]</ref>。後にラネーメ人によってこれは破壊され、デヘーンハ文明(ラネーメ王朝)が成立することになり<ref>[https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl/mp/dherngha-dunalikafiady リパライン倉庫 - デヘーンハ文明]</ref>、多くのリパラオネ人が世界中に離散した。これをリパライン・ディアスポラ(理:la lipalain-zgias)と呼ぶ<ref>[http://twoc.ever.jp/twoc/conlang.cgi?mode=dictionary&user_id=fafs&smode=0&agree=0&search=la%20lipalain-zgias 三代目リパライン語辞書 - la lipalain-zgias]</ref>。しかし、多くのヴェフィス人がラネーメ王朝で貴族に封建的な関係を持ったことやリパラオネ人コミュニティの力が弱かったわけではないということは文明の崩壊という事実に疑問を投げかけており<ref>[http://jurliyuuri.com/lineparine/sociolinguitics/#h.hbi4u9mqxfi9 リパライン語と言語行政と文化 - 1.1. ラネーメ王朝の成立]</ref>、パイグ系リパラオネ人研究者のクァ・フォ・シリザフはピリフィアー暦1908年に著書「カーイハエ王朝崩壊説否定」においてこれをヴェフィス人やラネーメ人貴族家による血統主義による歴史修正であるとして否定している<ref>[https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl リパライン倉庫 - philerl]</ref>。<br/>スキュリオーティエ時代以降の歴史はリパラオネとラネーメのナショナルな対立と捉えられがちだが、これは近代的な考え方であり<ref>[https://twitter.com/sashimiwiki/status/1028726476986707968]</ref>、むしろ市民革命までの歴史は宗教紛争や土着的な勢力の抗争の歴史であった。
 +
リパラオネ人という概念の形成はピリフィアー暦1400年のヴェフィス市民革命(淮:Redresoiré Vaifiseit)を待たなくてはならなかった。ここから始まるナショナリズムの亢進は、リパライン語を話す者がリパラオネ人であるという観念を生み出すことになる<ref>[https://twitter.com/sashimiwiki/status/1206469842707996672]</ref><ref>[https://twitter.com/sashimiwiki/status/1060844454028881920</ref>。
 +
== 身体的特徴 ==
 +
リパラオネ人の身体的特徴は多種多様であるが、銀髪蒼眼であることが最初期の段階から決められている<ref>[https://twitter.com/sashimiwiki/status/511173911493345280]</ref>。肌は白い者が多いが、黄色みの強い者や褐色、黒色の者も少数ながら存在する。<br/>
 +
明確な情報源は少ないが、ヴェフィス人の特徴は次の通りである<ref>[https://sites.google.com/site/jurliyuuri/chuang-zuo/yuesleone/vefise 悠里総合サイト - ヴェフィス人]</ref>。
 +
===眼===
 +
彫りはそこまで深くない。
 +
瞼はほぼ全員二重が多い。
 +
モンゴロイドの蒙古ひだのような構造がある。
 +
虹彩の色は蒼色が多い、次点として黒色も多い。
 +
===鼻===
 +
鼻が顔の真ん中よりやや上にある。
 +
鼻はそこまで高くない
 +
===頭部===
 +
個体差が大きい。
 +
頭髪の色は黒か銀が多い。
 +
毛髪は丸くて細い。そのためウェーブ(天然パーマ・クセ毛)が多く、男性は禿げやすい。
 +
===皮膚===
 +
メラニン層が薄く基本的に白い人間が多い。
 +
体毛は少なめ。
 +
===体格===
 +
男性は180cm、女性は165cmほどが平均的身長となる。
  
 
==脚注==
 
==脚注==
 
<references />
 
<references />

Revision as of 20:36, 16 January 2020

リパラオネ
xalija.jpg
アレス・シャリヤ
人口
不明(23億人以上?)
居住地
ユエスレオネ連邦、ヴェフィス共和国、ハタ王国など
宗教
リパラオネ教、フィメノーウル信仰
言語
リパラオネ語族の諸言語

リパラオネ人(理:Lipalain、淮:linaiparinais)は、ファイクレオネを中心とする民族の総称である。独自の文化と言語、宗教を共有しており、有名な人物では「異世界語入門」のアレス・シャリヤ[1]、ユエスレオネ革命の先導者であるターフ・ヴィール・イェスカ、スキュリオーティエ叙事詩の英雄であるユフィア・ド・スキュリオーティエ・ユリアなどが居る。

呼称

リパラオネ

リパラオネという単語の語源に関しては明確には不明であり、メタ的に長年問題とされてきた。2015年頃の初期の議論ではリパライン語を表す"lineparine"は「暗黒の道」を語源とするという説が濃厚であった[2]。しかし、2018年には民間語源であるのではないかという疑念が呈されている[3]。しかし、同年の末になるとラネーメ祖語の*phedと「リパライン、リパラオネ」を表すlipalainの/pa/の部分との対応が提唱されるようになった[4][5][6]。2019年に入ると「lipaっぽい単語から始まっている単語の問題」が書かれ、リパラオネという名称が「闇=日没=西の方に居る」という解釈は主要なものとなっている[7]。パイグ人のように「我々」を表す単語が民族名になったのではなく、何らかの中心から指向性を持って自らを呼んだのは長らくリパラオネ人がラネーメ王朝に隷属していたことからも考えやすいが、近年ラネーメ創作者からラネーメ祖語には*phed (闇) と *phe[d, t] (話す) が存在した説が提唱されており[8]、上記の説にも疑問が持たれ始めている。

白銀の民

リパラオネ人の雅名として"flanadnyrnier"「白銀の民」という物がある。

リパラオネ人の形成

リパラオネ人の発祥とされるクレオス地方の湖[9]

リパラオネ人はラネーメ王朝から見て西側の大きい湖の周辺で生まれたと考えられている。この集団の一部はは後に東方へ移動してファイクレオネ最古の文明であるカーイハエ文明をピリフィアー暦紀元前5148年頃に打ち立てたとされる[10]。後にラネーメ人によってこれは破壊され、デヘーンハ文明(ラネーメ王朝)が成立することになり[11]、多くのリパラオネ人が世界中に離散した。これをリパライン・ディアスポラ(理:la lipalain-zgias)と呼ぶ[12]。しかし、多くのヴェフィス人がラネーメ王朝で貴族に封建的な関係を持ったことやリパラオネ人コミュニティの力が弱かったわけではないということは文明の崩壊という事実に疑問を投げかけており[13]、パイグ系リパラオネ人研究者のクァ・フォ・シリザフはピリフィアー暦1908年に著書「カーイハエ王朝崩壊説否定」においてこれをヴェフィス人やラネーメ人貴族家による血統主義による歴史修正であるとして否定している[14]
スキュリオーティエ時代以降の歴史はリパラオネとラネーメのナショナルな対立と捉えられがちだが、これは近代的な考え方であり[15]、むしろ市民革命までの歴史は宗教紛争や土着的な勢力の抗争の歴史であった。 リパラオネ人という概念の形成はピリフィアー暦1400年のヴェフィス市民革命(淮:Redresoiré Vaifiseit)を待たなくてはならなかった。ここから始まるナショナリズムの亢進は、リパライン語を話す者がリパラオネ人であるという観念を生み出すことになる[16][17]

身体的特徴

リパラオネ人の身体的特徴は多種多様であるが、銀髪蒼眼であることが最初期の段階から決められている[18]。肌は白い者が多いが、黄色みの強い者や褐色、黒色の者も少数ながら存在する。
明確な情報源は少ないが、ヴェフィス人の特徴は次の通りである[19]

彫りはそこまで深くない。 瞼はほぼ全員二重が多い。 モンゴロイドの蒙古ひだのような構造がある。 虹彩の色は蒼色が多い、次点として黒色も多い。

鼻が顔の真ん中よりやや上にある。 鼻はそこまで高くない

頭部

個体差が大きい。 頭髪の色は黒か銀が多い。 毛髪は丸くて細い。そのためウェーブ(天然パーマ・クセ毛)が多く、男性は禿げやすい。

皮膚

メラニン層が薄く基本的に白い人間が多い。 体毛は少なめ。

体格

男性は180cm、女性は165cmほどが平均的身長となる。

脚注