ラーヴァヌー語

From 悠里包括Wiki
Revision as of 11:53, 8 June 2020 by まいさん (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

ラーヴァヌー語(ラーヴァヌー語: 61:1=n3: リパライン語: rkharvanur)とはパニャル県に住むデュイン先住民族のドゥバーギョ人によって話されている言語である。略称は「螺語」。

Contents

文法

語中の音の調音方法を変更する超文節接辞によって、文中での語の意味を表現する。そのため、上の"61:1=n3."のように語形の表示が具体的な音を伴わないことが多い。


出典

  • ラーヴァヌー語リポジトリ [1]

この記事は書きかけです。