Difference between revisions of "ラ・レヴェネゼー"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(記事を立てた(スタブ))
 
m (思想カテゴリに入れた)
Line 1: Line 1:
 
'''ラ・レヴェネゼー'''([[リパライン語]]: la leveneser)とは、[[レシェール・ヴェンタフ|レヴェン思想]]をしばしば曲解しながらcherry-pickingし理論武装を組み立てる反体制派の総称である。人一倍緻密な議論で知られる法哲学者のレヴェンを援用しているため、見かけ上緻密な理論武装がなされることが特徴である。そのためオルグの説得力が増すのか反体制派の中では勢力を拡大させやすい傾向にあり、近年社会問題となっている。
 
'''ラ・レヴェネゼー'''([[リパライン語]]: la leveneser)とは、[[レシェール・ヴェンタフ|レヴェン思想]]をしばしば曲解しながらcherry-pickingし理論武装を組み立てる反体制派の総称である。人一倍緻密な議論で知られる法哲学者のレヴェンを援用しているため、見かけ上緻密な理論武装がなされることが特徴である。そのためオルグの説得力が増すのか反体制派の中では勢力を拡大させやすい傾向にあり、近年社会問題となっている。
  
 +
[[Category:思想]]
 
{{template:スタブ}}
 
{{template:スタブ}}

Revision as of 10:16, 22 January 2020

ラ・レヴェネゼー(リパライン語: la leveneser)とは、レヴェン思想をしばしば曲解しながらcherry-pickingし理論武装を組み立てる反体制派の総称である。人一倍緻密な議論で知られる法哲学者のレヴェンを援用しているため、見かけ上緻密な理論武装がなされることが特徴である。そのためオルグの説得力が増すのか反体制派の中では勢力を拡大させやすい傾向にあり、近年社会問題となっている。 この記事は書きかけです。