フェンテショレー

From 悠里包括Wiki
Revision as of 16:52, 30 December 2019 by Fafs (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

フェンテショレー(理:fentexoler、有:yunchesnar、皇:無周故むんそんしっすく[1][2])とは、イェスカ哲学に由来する政治的集団の呼称である。日本語では「反革命派(主義者)」、「反動派(主義者)」と訳されるが同じく反動派を表すリパライン語"ista esteci'a"、"nieciserss"などとは厳密には異なる。

意義

イェスカ哲学におけるフェンテショレー

イェスカ哲学においては、倫理が実現可能なイデオロギーはイェスカの重要概念の一つである主体的統一に基づいて説明される。つまり端的には主観と客観を合一する知である「愛」(理:lirfo)に基づく思想のみが倫理を実現可能だとされるのである。また、不自由な社会(正確には支配者が構造を固着させた社会)の主体は疎外円環と呼ばれる自己実現の後進を経過することになる。革命とは倫理の実現が不可能だとされるイデオロギーが矛盾によって破綻することによって、この疎外円環の破壊を目指して駆動する運動のことであるとされる。
主観のみであるとされる民族主義や宗教主義、客観のみであるとされる科学的社会主義などは倫理の実現が不可能だとされるイデオロギーだと見做され、それらを革命に対立関係にある運動として反革命(理:fentexol)と定めている。これを支持する者の呼称がイェスカ哲学におけるフェンテショレーなのである。

ユエスレオネ革命におけるフェンテショレー

ユエスレオネに大量にあった社会主義反政府組織の一つであるユエスレオネ人民解放戦線がピリフィアー歴2002年1月7日にユエスレオネ共産党として結成された[3]。ここではファールリューディア宣言が綱領として採択され、またそれまで暴力革命を否定していた党首のイェスカは宣伝局長であるアレス・デュイネル・エレンによる説得によって武力革命へと向かうことによって、ユエスレオネ内戦は始まる。この時点でファールリューディア宣言にあるように「自由資本主義的思想、封建的支配思想、修正主義、教条主義、超国家主義をはじめとするあらゆる反動的思想に反対」するような反革命の規定を共産党自体で定めている。また、リパナス党、リパラオネ民族自決党、Xelkenなどの特定の反革命組織も定められていた[4]
フェンテショレーは革命政治団体の外では乱雑に使われることになった。ユエスレオネ社会主義連邦暫定政府が成立してから、特別警察が秘密裏に反政府活動を監視していたがこれに密告するなどして気に入らない人間を排除しようとする市民の動きは長らく続いた。リパラオネ教会もこのような排除に加担したとされており[5]、ショレゼスコ後責任が追求された。過激な集団や組織と関係がなくとも一部の名前が付く人々は反革命的階級者として市民に迫害を受けた。シェルケン、ヒンゲンファール、バートニーマシュ、キャスカなどの姓を持つものが主に迫害され、放火や虐殺などが行われた[6]

脚注