フィシャ・ステデラフ

From 悠里包括Wiki
Revision as of 19:30, 13 February 2020 by Jekto.vatimeliju (talk | contribs) (教法学的革命権: 赤リンク)
Jump to: navigation, search

フィシャ・ステデラフリパライン語fixa.stedelaf, 1943 - 2029)は、リパラオネ共和国におけるリパラオネ教改革派指導者であり、アレス学派教法学者、第92代目フィシャ本家当主。リパラオネ教の教典に基づく法学である教法学に基づいて、市民の革命権を提唱し、後にターフ・ヴィール・イェスカリーサ・カクザなどのリパラオネ現代思想に強い影響を与えた。ユナ系リパラオネ人男性[1]である。

概要

フィシャ・ステデラフは20世紀の改革派教法学者であり、1979年(36歳)にスキュリオーティエ叙事詩に基づいた革命権の提唱を行った。主にフィシャの教法学的革命権を説明する際は以下の文が良く引用される[2]

"Marler'd under'it tanlat laj es xan'd deliu laj."
「町民の安寧の擁護は政治家の義務であったからである」(Skyl.4:13.2-3)
"La under'it tanlato p'es xan'd la deliu da,"
「平和の擁護は藩主の義務であるが、」(Skyl.4:13.6-1)

また、「教法国家」「誤った導き手」と呼ばれる概念を打ち立て、リパラオネ教法学の革新的な流派を準備した[3]。また、アレフィスを人民世俗機構として捉える近代的な国家機構を教法学で追認するような考えも含まれるとされる[4]
イェスカの考えを継ぐ社会主義ではステデラフをその考えの始祖とし、その思想をイェスカが仕上げたと考える。ユエスレオネ連邦の憲法においても前文で「人民とレシュト主義の努力の末に生まれたステデラフ教法学的革命権の発明に続き、ピリフィアー21世紀のターフ・ヴィール・イェスカによる偉業によって革命は明瞭に完成した」とある[5]。 フィシャは教法学はレヴェン思想における圧政機構の担い手ではなく、不能性をも内包し得る存在であるとし、生涯を通じてレヴェン思想とレヴェン学派を乗り越える思想を教法学から生み出すことを企図していた。それが後の思想へと結実したとされている。

生涯

1943年にリパラオネ共和国に生まれる。1961年にヴェフィス国立研究院大学に入学、レヴェン批判を通して教法学の現代化を主張するようになっていく。1972年に「独立教法哲学者連盟」を設立する[6]。1979年にスキュリオーティエ叙事詩に基づいた革命権の提唱を行う。[7]

用語

教法学的革命権

アレフィスで表される人民による世俗機構は、誤った導き手である指導者や政治家を再選択可能であるとする考え方である。この再選択は暴力的でも、非暴力的でもありうる。この考え方を一面でイェスカの形而上学的社会運動の概念である「革命」(xol)と結合したのがアレス・デュイネル・エレンによる武力革命論であった。非暴力的なものとしては、選挙に影響を与えており、教法学は選挙を正当化するとする。なお、ここで言う「革命」とイェスカ哲学における「革命」は異なる概念である。

現代的自由

近代的自由において人間は主体的な個人としての仮定された自由を想定されていたが、これは現代となって科学などによって否定されるようになってきた。フィシャの現代的自由ではそれは関係性に基づくものとして捉える。

脚注