Difference between revisions of "パイグ語"

From 悠里包括Wiki
Jump to: navigation, search
(パイグ語文献リンク集を追加)
(画像を貼る)
 
Line 3: Line 3:
 
== 文字 ==
 
== 文字 ==
 
現代では[[リパーシェ|新理字]]書写体から分岐した「パイグ文字」と、[[燐帝字母‏‎|燐帝字音]]系の表意文字を混ぜて用いる。<ref>[https://sites.google.com/site/syxobo/paigu-yu/wen-fa-jie-shuo/wen-zito-fa-yin 文字と発音 - 越淮書房]</ref>
 
現代では[[リパーシェ|新理字]]書写体から分岐した「パイグ文字」と、[[燐帝字母‏‎|燐帝字音]]系の表意文字を混ぜて用いる。<ref>[https://sites.google.com/site/syxobo/paigu-yu/wen-fa-jie-shuo/wen-zito-fa-yin 文字と発音 - 越淮書房]</ref>
 +
[[file:praige_letter.png|800px]]
 
== 発音 ==
 
== 発音 ==
 
=== 母音 ===
 
=== 母音 ===

Latest revision as of 14:27, 3 February 2018

パイグ語(牌:pai2 ge zep1)はラネーメ語族ファスマレー語派に属する言語である。

文字

現代では新理字書写体から分岐した「パイグ文字」と、燐帝字音系の表意文字を混ぜて用いる。[1] praige letter.png

発音

母音

子音

声調

パイグ語には三種類の声調がある。

平声変声無声
音高平ら変わる不定
音長長め長め短め

変声は音高を変えるが、変え方は自由である。[2] ただし、なんらかのパターンが存在するのではないかという説もある。[要出典]

外部リンク

脚注

この記事は書きかけです。