ドゥバーギョ人

From 悠里包括Wiki
Revision as of 11:37, 8 June 2020 by まいさん (talk | contribs) (記事を立てた)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

ドゥバーギョ人とはラーヴァヌー語を話しパニャル県に住むデュイン先住民族である。xelkenとの接触から常に反リパライン語路線を掲げており[1]、デュイン地域が連邦に吸収されたのちも独立運動が盛んである。その過激さから連邦統合パニャル県安定化計画駐在軍が置かれるようになった。

Contents

宗教

ドゥバーギョ人自身を神の言語であるラーヴァヌー語の知識と神の業である数学の認識能力を与えられた選民であるとする多神教を信仰している[2]。これがいわゆるパニャル古数学(xelken統治前にパニャル県で花開いた、現世でいう数学基礎論を中心とする高度な公理主義的な数学体系)の原動力となった。

出典

この記事は書きかけです。