ぴすてぃる

From 悠里包括Wiki
Revision as of 22:59, 16 February 2019 by Jekto.vatimeliju (talk | contribs) (丸コピ)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

ぴすてぃる(ユーゴック語:fistir, リパライン語:phistil, fhistirl)は、本来「異性にいたずらする」という意味の単語で、造語されて以来いつの間にか悠里や大宇宙などの界隈の中で意味が良く分からない間投詞として使われてきたものである[1]。発達過程は英語のfuckやbadの意味反転に似たものがあるが、「ぴすてぃる」は必ずしも悪や善を表すものではないということに注意が必要である。特に意味のない、会話の繋ぎとして用いられている場合もあり、単語の解釈には文脈が非常に重要なファクターとなる[2]。本来あった性的な意味がある程度薄れているということにも注目すべきであろう。意味が曖昧過ぎて、ある程度の時期から発達したのがその意味を求めようとするぴすてぃる教やぴすてぃる哲学の発達であった。Fafs falira sashimiの立場としては、「ぴすてぃる」は「何かが存在するという言明以上でも以下でもない」である[3]。あと、誤解されやすいのが「ぴすてぃる」はユーゴック語のfistirが由来であり、リパライン語のphistilやfhistirlはその借用語ということである。いせにほの特典に付いていた「八ヶ崎翠はピスティルがしたい」のphistilは恐らく早期借用語だったと思われる。fhistirlは後世の借用の形だろう。[4]

出典